ガンに対して色々な食べ物が良いなどと言われています。

ご参考までにとり上げてみました。店頭相談で食べ物の大切さをお話ししています。

 

『”がん”の予防食品』京都大学 小清水教授ほか

  

1.イニシエーション(初期変性)の段階を抑制する食品群
ナス、ゴボウ、ショウガ、キャベツ、ブロッコリー、パイナップル、リンゴ、マメ
生食しても加熱しても抑制作用の変わらないもの
なす、コマツナ、ホウレンソウ、ゴボウ、ブロッコリー


2.プロモーション(発癌促進)の段脂を抑制する食品群
◎強い抑制力のあるもの
カリフラワー、パセリ、シュンギク、ミョウガ、チリメンジシヤ(葉類)
サトイモ、ショウガ、タマネギ、レンコン、ズイキ(根菜類)
ワカメ、コンブ(海藻類)
モンキーバナナ、クルミ、アボガド、アズキ、カボチャ
◎中程度の抑制力のあるもの
アオジソ、セリ、ダイコン、ゴマ、ネクタリン


『がん予防に有効な食品群』

癌予防に有効とされる植物成分を含む食品を「デザイナーフーズ」と呼びます
アメリカの国立ガン研究所が中心となって、野菜や果物の成分をガン予防の面から分析しているが、
その分析結果などから、ガンが予防できる食品を可能性の高い順にあげると以下になる
(1)にんにく、キャベツ、大豆、ショウガ、ニンジン、セロリ
(2)玉ねぎ、お茶、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ
(3)カラス麦、ミント、キュウリ、ジャガイモ、マスクメロン、バジル、大麦、
  ペリー、セージ、ローズマリー
ホームページへ