テレビの健康番組で、コレコレはガンに対して良い食べ物であるなどと言われています。

1970年代にアメリカは医療費の増大を抑えるべく、食事によって病気を予防するための
研究が行われました。
その一つにマクガバン・レポートがあります。これはガンに対する予防になるための食べ方を
まとめたもので、その中に有名なデザイナーフーズの考え方があります。
近年先進国でがん患者が急増しているのは日本くらいです。国も早く対策を取ってほしいものですが、
見る限りはその気配すら有りません。 なら自分でするしかないのです。

詳しくは書籍が色々と出ていますので、是非お読みになってください。

店頭相談で食べ物の大切さをお話ししています。参考までに簡単にまとめています。

 

『がんの予防食品』(京都大学 小清水教授ほか)

  

1.イニシエーション(初期変性)の段階を抑制する食品群
   (言い方は良くありませんが、ガンの卵がふ化しない様にする働きのある食べ物)
ナス、ゴボウ、ショウガ、キャベツ、ブロッコリー、パイナップル、リンゴ、マメ
生食しても加熱しても抑制作用の変わらないもの
ナス、コマツナ、ホウレンソウ、ゴボウ、ブロッコリー

2.プロモーション(発癌促進)の段脂を抑制する食品群
   (卵からふ化したガンが大きくならない様にする働きのある食べ物)
◎強い抑制力のあるもの
カリフラワー、パセリ、シュンギク、ミョウガ、チリメンジシヤ(葉類)
サトイモ、ショウガ、タマネギ、レンコン、ズイキ(根菜類)
ワカメ、コンブ(海藻類)
モンキーバナナ、クルミ、アボガド、アズキ、カボチャ
◎中程度の抑制力のあるもの
アオジソ、セリ、ダイコン、ゴマ、ネクタリン

『がん予防に有効な食品群』
癌予防に有効とされる植物成分を含む食品をデザイナーフーズと呼びます別ページが開きます
アメリカの国立ガン研究所が中心となって、野菜や果物の成分をガン予防の面から分析しているが、
その分析結果などから、ガンが予防できる食品を可能性の高い順にあげると以下になる

一覧の中には、日本では入手しにくい物もあります。
(1)にんにく、キャベツ、大豆、ショウガ、ニンジン、セロリ
(2)玉ねぎ、お茶、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ
(3)カラス麦、ミント、キュウリ、ジャガイモ、マスクメロン、バジル、大麦、
  ペリー、セージ、ローズマリー
知っていても実行しなければ知らないのと同じです