準備中
セキショウ  生薬「石菖根」


【起源植物】 セキショウ
【 生薬名 】 石菖根 
【 科 名 】 サトイモ科
【 別 名 】 石昌蒲
【薬用部位】 根茎
【 主成分 】 精油アザロン・セスキテルペン
【 薬 性 】 気味は辛微温、帰経は心肝に属す
【 効 能 】 ●現代中国生薬で菖蒲とはセキショウのことなので混乱を生じる
日本ではセキショウは石菖、ショウブは菖蒲として流通している
●五月の菖蒲湯は元々はセキショウを用いていたということです
●石菖の方が菖蒲に比べて芳香の気味が強く、通竅の効果が強く、新鮮な方が高熱の意識障害に対する効果が強い事が判っています
●鎮静作用があり、物忘れ、ボケ、精神分裂症(痴呆)、ふらつき、難聴、躁や鬱などに用います
●咽頭炎や嗄声、目の充血や視力減退などには少量1日1.5〜3g、健胃、鎮痛、腹痛に1日5〜10gを煎服しますが、多量に使わない生薬です
ぼけ予防の薬酒
●当地で話題沸騰のボケ予防の薬酒『石菖地黄酒』
(1)生の石菖200gはホワイトリカー1.8L:A
(2)熟地黄100gはホワイトリカー0.9L:B
別々の容器で3か月熟成させる、出来上がったら(1)と(2)を混ぜ合わせ1日盃1杯を服用する
 【 備 考 】