9.循環器−『高血圧1』

58才婦人。高血圧170−150/90で時々病院で薬をもらっている。

見るからに陽実証、体格もがっしり、やや赤ら顔、目が充血、頭痛はない、
二便に著変なし。医者からは体重を落とすように注意を受けている。
膝関節痛がいたく足を少し引きずっている。
舌は乾湿中間で微白苔。腹周りが少し苦しい。肩が凝る。睡眠は良い。

大柴胡湯去大黄を処方。のぼせがあるので黄連解毒湯を併用。
5日分で様子を見る。
5日後に再来、調子がよいので続服する。

途中、膝の痛みが強くなってきたので、麻杏意甘湯を追加。
膝関節の軟骨が減っているためにグルコサミンを併用した。
膝、血圧ともに調子がよい。

7日分を約10日で服用して丸2年になる。
現在姑が寝たきりで介護しているが、自分が倒れてしまうと大変だし、
と続けてこられたが、その姑もこの春に亡くなられた。

最後は眠らずに介護したが、自分が倒れなかったのは漢方薬のおかげと
現在も続けて飲んでいる。血圧は140に落ち着いている。