よみがな 剤型 処方名/出典 効能/処方内容
あんちゅうさん S.E.T 安中散 やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う場合の神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー
和剤局方 桂皮3、延胡索3、牡蛎3、茴香2、縮砂2、甘草2、良姜1
いうふとう S 胃風湯 冷えによる消化不良、下痢、水様便.急性胃腸炎、急性腎炎、ネフローゼ
和剤局方 当帰3、芍薬3、川弓3、人参3、白朮3、茯苓4、桂皮2、粟2
いれいとう S.E 胃苓湯 水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症
→食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛
古今医鑑 蒼朮、陳皮、沢瀉、白朮、厚朴、猪苓、芍薬、茯苓各2.5、桂皮2、大棗1.5、乾生姜1.5、甘草1
平胃散+五苓散
いんちんこうとう S.E 茵陳蒿湯 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症
→じんましん、口内炎
傷寒論、金匱要略 茵陳蒿6、梔子2、大黄(増減)2
いんちんごれいさん S.E 茵陳五苓散 のどが渇いて、尿が少ないものの次の諸症
→嘔吐、じんましん、二日酔いのむかつき、むくみ
金匱要略 沢瀉5、猪苓、茯苓、猪苓、白朮各3、桂皮2、茵陳蒿4.(湯)
茵陳蒿末1分、五苓散2分を混合(散)
うんけいとう S.E 温経湯 手足がほてり、唇が渇くものの次の諸症
→月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ
金匱要略 半夏5、麦門冬10、当帰、川弓、芍薬、人参、桂皮、阿膠、牡丹皮、甘草各2、乾生姜0.3、呉茱萸3.(湯)
うんせいいん S.E.T 温清飲 皮膚の色つやが悪く、のぼせるものの次の諸症
→月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症
万病回春 当帰4、地黄4、芍薬3、川弓3、黄岑3、山梔子2、黄連1.5、黄柏1.5(湯)
四物湯+黄連解毒湯
うんたんとう 温胆湯 胃腸衰弱者の不眠・神経症
三因方 甘草1、乾生姜1、(大棗2)、陳皮2、半夏4、茯苓4、枳実1.5、竹茹2.(湯)
えっぴかじゅつとう 越婢加朮湯 急性慢性腎炎、ネフローゼ、下肢まひ、関節リウマチ、潰瘍、皮膚疾患、湿疹、脚気.
金匱要略 麻黄6、石膏8、乾生姜3、大棗3、甘草2、白朮4.(湯)
おうぎけんちゅうとう S.E 黄耆建中湯 身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症
→虚弱体質、病後の衰弱、ねあせ
金匱要略 桂皮3、大棗3、芍薬6、乾生姜1、甘草3、黄耆1.5、膠飴20.(湯)
おうごんとう S.E 黄岑湯 さむけ、発熱、腹痛、みぞおちのつかえなどのいずれかを伴う下痢、胃腸カタル
「太陽病と少陽病の合病」に使う
傷寒論 黄岑4、芍薬3、甘草3、大棗4.(湯)
おうしょうさん S 黄鐘散 便秘、便秘に伴うのぼせ・肩こり
晩成堂散方解 大黄(増減)1、川弓2.(湯または、散)、散は頓用
おうれんあきょうとう S 黄連阿膠湯 冷え症でのぼせ気味で不眠の傾向のある次の諸症
→鼻血、不眠症、かさかさした皮膚のかゆみ
傷寒論 黄連4、芍薬2、黄岑2、阿膠3、卵黄1ヶ.(湯)
おうれんげどくとう S.E 黄連解毒湯 比較的体力があり、のぼせ気味で顔色赤く、いらいらする傾向のある次の諸症‥鼻出血、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、どうき
肘後方・外台秘要 黄連1.5、黄柏3、黄岑3、山梔子3(湯)
黄連末1、黄岑末1.5、黄柏末1、山梔子末1(散,1回1.5g,).
おうれんとう S.E 黄連湯 胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症
→急性胃炎、二日酔い、口内炎
傷寒論 黄連、乾姜、桂皮、甘草、大棗、人参 各3、半夏5.(湯)
おつじとう S.E.T 乙字湯 大便がかたくて便秘の傾向にあるものの次の諸症
→痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘
原南陽 当帰6、柴胡5、黄岑3、甘草2、升麻1.5、大黄(増減)0.5.(湯)
かしょくようひとう S 化食養脾湯 胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
証治大還 人参、白朮、茯苓、半夏各4、陳皮、大棗、神麹、麦芽、山査子各2、縮砂1.5、乾生姜、甘草各1.(湯)
かっこうしょうきさん S 霍香正気散 夏の感冒、暑さによる食欲不振・下利・全身倦怠
和剤局方 甘草1、白朮3、乾生姜1、大棗2、陳皮2、半夏3、茯苓3、霍香1、桔梗1.5、厚朴2、紫蘇葉1、大腹皮1、白止1.(湯)
かっこんおうごんおうれんとう S 葛根黄連黄岑湯 急性胃腸炎、口内炎、舌炎、肩こり、不眠
傷寒論 葛根6、黄連3、黄岑3、甘草2.(湯)
かっこんこうかとう S 葛根紅花湯 あかはな、しみ
方輿睨 葛根3、芍薬3、甘草1、黄連1.5、紅花1.5、山梔子1.5、地黄3、大黄(増減)1.(湯)
かっこんとう S.E.T 葛根湯 感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み
太陽病と陽明病の合病に使う−−下痢を伴った風邪
傷寒論、金匱要略 葛根8、麻黄4、乾生姜1、大棗4、桂皮3、芍薬3、甘草2.(湯)
かっこんとうかしんいせんきゅう S.E.T 葛根湯加辛夷川弓 鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎
本朝経験 葛根4、麻黄4、乾生姜0.3、大棗3、桂皮2、芍薬2、甘草2、辛夷3、川弓3.(湯)
かみうんたんとう S 加味温胆湯 胃腸が虚弱なものの次の諸症‥神経症、不眠症
千金方・万病回春 甘草2、乾生姜2、大棗2、陳皮3、人参2、半夏5、茯苓4、遠志2、枳実2、玄参2、酸棗仁2、地黄2、竹茹3.(湯)
かみきひとう S.E 加味帰脾湯 虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症‥貧血、不眠症、精神不安、神経症
慢性疲労症候群に対しての応用が効果を上げている
済生方 人参3、白朮3、茯苓3、酸棗仁3、竜眼肉3、黄耆3、当帰2、遠志2、柴胡3、山梔子2、甘草1、木香1、大棗2、乾生姜0.5、牡丹皮2.(湯)
帰脾湯+柴胡、山梔子
かみしょうようさん S.E.T 加味逍遥散
(丹梔逍遥散)
体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症‥冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症
和剤局方 当帰、甘草1.5、牡丹皮2、山梔子2、乾生姜1、薄荷1.(湯)
逍遥散+牡丹皮、山梔子
かみしょうようさんごうしもつとう S.E.T 加味逍遥散合四物湯 皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質虚弱な婦人で胃腸障害はなく、肩がこり、疲れやすく精神不安などの精神神経症状ときに便秘の傾向のある次の諸症‥冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、湿疹、しみ
和剤局方 当帰、芍薬、白朮、茯苓、柴胡、川弓、地黄各3、甘草1.5、牡丹皮2、山梔子2、乾生姜1、薄荷1、
.(湯)

加味逍遙散+川弓、地黄
かんきょうにんじんはんげがん S 乾薑人参半夏湯 体力が衰え嘔気、嘔吐のやまない場合のつわり、胃炎、胃アトニー。
つわりや嘔吐がひどく小半夏加茯苓湯さえ飲めないときに試すと良い
金匱要略 乾姜3、人参3、半夏6(湯または丸)
かんぞうしゃしんとう S 甘草瀉心湯 みぞおちがつかえた感じのある次の諸症
→胃炎・腸炎、口内炎、口臭、不眠症、神経症
傷寒論・金匱要略 半夏5、黄岑2.5、乾姜2.5、人参2.5、大棗2.5、甘草3.5、黄連1.(湯)
かんぞうとう S 甘草湯 激しい咳、咽喉痛の緩解、痔の痛みに湿布する(後で紫雲膏を塗る)
甘草は急迫症状を劇的に緩解する事が多い
傷寒論 甘草5.(湯)
かんばくたいそうとう S.E 甘麦大棗湯 夜なき、ひきつけ、ヒステリー
金匱要略 甘草5、大棗6、小麦20.(湯)
きぎけんちゅうとう S 帰耆建中湯 身体虚弱、疲労しやすいもの、病後の衰弱、ねあせ、衰弱、栄養不良、治りにくい化膿症
本朝経験 当帰、桂皮、大棗各4、芍薬5、乾生姜1、甘草2、黄耆2、(膠飴20).(湯)
桂枝湯+芍薬倍増→桂枝加芍薬湯
桂枝加芍薬湯+膠飴→小建中湯
小建中湯+黄耆→黄耆建中湯膠飴は必ず要る
小建中湯膠飴は必ず要る
小建中湯+当帰、黄耆→帰耆建中湯
膠飴は大虚の時加える
小建中湯+当帰→当帰建中湯(膠飴は大虚の時加える
より虚<黄耆建中湯<小建中湯<帰耆建中湯<当帰建中湯<より実
ききょうとう S.E 桔梗湯 咽喉がはれて痛む次の諸症→扁桃炎、扁桃周囲炎
傷寒論、金匱要略 桔梗2、甘草3.(湯)、
便方--桔梗末と甘草末を同量併せてお湯に溶かして少量ずつ飲み下す
きひとう S 帰脾湯 虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症
→貧血、不眠症
済生方 人参2、白朮2、茯苓2、酸棗仁2、竜眼肉2、黄耆2、当帰2、遠志1、甘草1、木香1、大棗1.5、乾生姜0.5.(湯)
きゅうききょうがいとう S.E 弓帰膠艾湯 痔出血、子宮出血、血尿、などの各種の出血、流産癖、脚腰の冷え.
金匱要略 川弓3、甘草3、当帰4、芍薬4、地黄5、艾葉3、阿膠3
きゅうきちょうけついん S 弓帰調血飲 産後の神経症・体力低下、月経不順
当帰、川弓、地黄、白朮、陳皮、茯苓、烏薬、香附子、牡丹皮各2、益母草、大棗各1.5、甘草1、乾生姜1-2.(湯)
きゅうきちょうけついんだいいちかげん S.T 弓帰調血飲第一加減 血の道症、産後の体力低下、月経不順
森一貫堂 当帰、川弓、地黄、白朮、陳皮、茯苓、烏薬、香附子、牡丹皮各2、甘草1、乾生姜1、益母草、大棗各1.5、芍薬、桃仁、紅花、枳実、桂皮、牛膝、木香、延胡索各1.5.(湯)
きょうせいはてきがん S.E 響声破笛丸 しわがれ声、咽喉不快
万病回春 連翹、桔梗、甘草各2.5、訶子、縮砂、川弓、大黄(増減)各1、阿仙薬2、薄荷4.(湯または丸)
きょうそさん S 杏蘇散 せき、たん
直指方 紫蘇葉3、五味子、大腹皮、烏梅、杏仁各2、甘草、陳皮、阿膠、桔梗、紫苑、桑白皮、麻黄各1.(湯)
くじんとう S 苦參湯 たむし、ただれ、あせも、かゆみ
金匱要略 苦参10.(外用湿布)
くふうげどくとう S.E 駆風解毒湯 咽喉が腫れて痛む次の症状
→「扁桃炎、扁桃周囲炎
尚、本方は含嗽しながら少量ずつゆっくりと飲む方法が特に効果的である。
万病回春 防風、牛蒡子各3、連翹5、荊芥、姜活、甘草各1.5、桔梗3、石膏5.(湯)
けいがいれんぎょうとう S.E.T 荊芥連翹湯 蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび
万病回春 当帰、芍薬、川弓、黄岑、山梔子、黄柏、荊芥、連翹、防風、柴胡、枳殻、白止、桔梗、各2.0、甘草1.5(湯)
森一貫堂 当帰、芍薬、川弓、地黄、黄岑、山梔子、黄連、黄柏、荊芥、連翹、防風、薄荷、甘草、枳殻、各1.5、柴胡、白止、桔梗、各2.0(湯)
けいしとう S.E.T 桂枝湯 体力が衰えたときのかぜの初期
傷寒論、金匱要略 桂皮3、芍薬3、大棗4、乾生姜1、甘草2.(湯)
けいしかおうぎとう S.E 桂枝加黄耆湯 体力が衰えているものの、寝汗、あせも
金匱要略 桂皮湯+黄耆3
けいしかかっこんとう S 桂枝加葛根湯 身体虚弱のもののかぜの初期で、肩こりや頭痛のあるもの
傷寒論 桂皮湯+葛根6
けいしかこうぼくきょうにんとう S 桂枝加厚朴杏仁湯 身体虚弱なものの咳、喘息持ちの風邪
傷寒論 桂皮湯+厚朴2、杏仁3
けいしかしゃくやくしょうきょうにんじんとう S 桂枝加芍薬生姜人参湯
(新加湯)
みぞおちのつかえ、腹痛、手足の痛み
傷寒論 桂皮3、芍薬4、乾生姜1.5、大棗3、人参3、甘草2.(湯)
けいしかしゃくやくだいおうとう
(けいしかだいおうとう)
S 桂枝加芍薬大黄湯
(桂枝加大黄湯)
腹がはって、腹部膨満感、腹痛があり、便秘するものの次の諸症→便秘、しぶり腹
傷寒論 桂皮4、芍薬6、大棗4、乾生姜1-2、甘草2、大黄(増減)1.(湯)
けいしかしゃくやくとう S 桂枝加芍薬湯 腹痛や腹部膨満感のあるもの 急性慢性腸炎、腹痛
傷寒論 桂皮3、大棗3、芍薬6、乾生姜1、甘草2.(湯)
けいしかしゅつぶとう S 桂枝加朮附湯 関節痛、神経痛
吉益東洞 桂皮、芍薬、大棗各4、乾生姜、甘草2、白朮4、炮附子0.5.(湯)
けいしかりゅうこつぼれいとう S 桂枝加龍骨牡蛎湯 体質虚弱な人で疲れやすく、興奮しやすいものの次の諸症
→神経質、不眠症、小児夜泣き、小児夜尿症、眼精疲労
金匱要略 桂皮湯+龍骨2、牡蛎3
けいしかりょうじゅつぶとう S 桂枝加苓朮附湯 関節痛、神経痛
ポイント−桂皮加朮附湯を飲む様な体質で更に動悸をよく感じる
吉益東洞 桂皮湯+白朮4、炮附子0.5、茯苓4.(湯)
けいしにんじんとう S 桂枝人参湯 胃腸の弱い人の次の諸症
→頭痛、どうき、慢性胃腸炎、胃アトニー
傷寒論 桂皮4、人参、白朮、甘草各3、乾姜2.(湯)
けいしぶくりょうがん S.E.T 桂枝茯苓丸 のぼせ症で、血色よく、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、足腰の冷えあるいはうっ血などを伴うものの月経不順、月経困難症、打撲症、婦人更年期障害
金匱要略 桂皮、茯苓、牡丹皮、桃仁、芍薬各4.(湯または丸)
けいしぶくりょうがんかよくいにん S 桂枝茯苓丸加意苡仁 比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症
→月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ
桂皮、芍薬、茯苓、桃仁、牡丹皮各4、意苡仁10.(湯)
けいひとう S 啓脾湯 やせて顔色が悪く、食欲がなく、下痢の傾向がある者の次の諸症
→胃腸虚弱、慢性胃腸炎、消化不良、下痢
万病回春 人参3、朮4、茯苓4、蓮肉3、山薬3、山査子、陳皮、沢瀉各2、甘草1.(湯)
けいぼうはいどくさん S 荊防敗毒散 急性化膿性皮膚疾患の初期
万病回春 茯苓、人参、荊芥、防風、柴胡、連翹、桔梗、枳実、川弓、前胡、金銀花各、独活、姜活、甘草各1.5、乾生姜1(湯).
けいまかくはんとう S 桂麻各半湯 感冒、せき、かゆみ
傷寒論 桂皮3.5、芍薬、甘草、麻黄、大棗各2、杏仁2.5、乾生姜1.(湯)
桂枝湯1/3+麻黄湯1/3
けいめいさんかぶくりょう S 鶏鳴散加茯苓 下肢に倦怠感があり、知覚がにぶり、ふくらはぎの緊張を覚え、圧痛があり心悸亢進、下肢浮腫の脚気よう症状を呈するもの
時方歌括 檳榔子4、茯苓4、木瓜3、桔梗、橘皮各2、呉茱萸1、蘇葉1、乾生姜1.(湯)
けんちゅうとう S 堅中湯 身体虚弱なものの次の諸症
→慢性胃炎、腹痛
千金方(浅田家方) 半夏、茯苓各5、桂皮4、大棗、芍薬各3、乾姜1、甘草1.5.(湯)
こうじとう S 甲字湯 比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症
→月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ
原南陽 桂皮、茯苓、牡丹皮、桃仁、芍薬各4、甘草1.5、乾生姜1.(湯)
桂枝茯苓丸+甘草、生姜
こうしゃへいいさん S 香砂平胃散 胃がもたれる傾向のある次の諸症
→食欲不振、胃アトニー
万病回春 蒼朮4、香附子4、厚朴、陳皮各3、大棗2、甘草1、霍香1、縮砂1.5、乾生姜1.5、(湯)
こうしゃよういとう S 香砂養胃湯 胃弱、胃アトニー、慢性胃腸炎
万病回春 白朮、茯苓各3、蒼朮、厚朴、陳皮、香附子、小豆蒄、人参各2、木香、縮砂、甘草、大棗各1.5、乾生姜1.(湯)
こうしゃりっくんしとう S 香砂六君子湯 胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症
→胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
内科摘用 人参、白朮、茯苓、半夏各3、陳皮、香附子各2、大棗1.5、乾生姜0.5、甘草1、縮砂、霍香各1.(湯)
こうそさん S 香蘇散 胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期、魚肉による蕁麻疹の体質改善
和剤局方 香附子3.5、蘇葉1.5、陳皮3、甘草、乾生姜1.(湯).
香附子末2.1、蘇葉末0.9、陳皮末1.8、甘草末0.6、生姜末0.6.(散)
こうぼくしょうきょうはんげにんじんかんぞうとう S 厚朴生姜半夏甘草人参湯 胃腸カタル
傷寒論 厚朴3、乾生姜0.5、半夏4、人参、甘草各2.(湯)
ごことう S 五虎湯 せき、気管支ぜんそく
万病回春 麻黄4、杏仁4、甘草2、石膏10、桑白皮3.(湯)
麻杏甘石湯+桑白皮3
ごしつさん S 牛膝散 比較的体力があるものの次の諸症
→月経困難、月経不順、月経痛
方輿睨 牛膝、桂皮、芍薬、桃仁、当帰、牡丹皮、延胡索各3、木香1.(湯)
ごしゃじんきがん S 牛車腎気丸 疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症
→下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ
済生方 地黄6、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮各3、桂皮1、炮附子0.5、牛膝3、車前子3.(湯).
八味地黄丸+牛膝、車前子
ごしゅゆとう S 呉茱萸湯 みぞおちが膨満して手足が冷えるものの次の諸症→頭痛、頭痛に伴うはきけ、しゃっくり
傷寒論、金匱要略 呉茱萸4、人参3、大棗3、乾生姜2.(湯)
ごしゃくさん S 五積散 慢性に経過し、症状の激しくない次の諸症
→胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒
和剤局方 白朮3、茯苓、陳皮、半夏、当帰各2、芍薬、川弓、厚朴、白止、枳実、桔梗、桂皮、麻黄、大棗、甘草各1、乾生姜1.3.(湯)
ごもつげどくさん S 五物解毒散 かゆみ、湿疹
本朝経験 川弓5、金銀花2、十薬2、大黄(増減)1、荊芥1.5(湯).
ごりんさん S 五淋散 頻尿、排尿痛、残尿感
和剤局方 茯苓5、当帰3、黄岑3、甘草2、芍薬2、山梔子2.(湯)
茯苓5、当帰3、黄岑3、甘草2、芍薬2、山梔子2、(地黄、沢瀉、木通、滑石、車前子各3).(湯)
ごれいさん S 五苓散 のどが渇いて、尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症
→水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、頭痛、むくみ
傷寒論、金匱要略 沢瀉4、猪苓3、茯苓4、白朮各3、桂皮2.5.(湯).
猪苓末、茯苓末、白朮末各1.1、沢瀉末1.9、桂皮末08、(散:分3回
さいかんとう S 柴陷湯 咳、咳による胸痛
本朝経験 柴胡7、半夏5、黄岑3、大棗3、人参3、甘草2、乾生姜1、括楼仁3、黄連1.5.(湯).
小柴胡湯+小陥胸湯
さいこかりゅうこつぼれいとう S 柴胡加龍骨牡蛎湯 精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症→高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき
傷寒論 柴胡5、半夏4、茯苓、桂皮各3、黄岑、大棗、人参、竜骨、牡蛎各2.5、乾生姜0.5、大黄(増減)1.(湯).
柴胡5、半夏4、茯苓、桂皮各3、大棗、人参、竜骨、牡蛎各2.5、乾生姜0.5、大黄(増減)1.(湯).−−黄岑なし処方
さいこけいしかんきょうとう S 柴胡桂枝乾姜湯 体力が弱く、冷え症、貧血気味で、どうき、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症
→更年期障害、血の道症、不眠症、神経症
傷寒論、金匱要略 柴胡6、桂皮3、括楼根4、黄岑3、牡蛎3、乾姜2、甘草2.(湯).
さいこけいしとう S 柴胡桂枝湯 多くは腹痛を伴う胃腸炎 微熱・寒気・頭痛・はきけなどのある感冒、かぜの後期の症状 
傷寒論、金匱要略 柴胡5、半夏4、桂皮、芍薬、黄岑、人参、大棗各2、甘草1.5、乾生姜1、.(湯)
さいこせいかんとう S 柴胡清肝湯 かんの強い傾向のある小児の次の諸症
→神経症、慢性扁桃炎、湿疹
森一貫堂 柴胡2、当帰、芍薬、川弓、地黄、黄連、黄岑、黄柏、山梔子、連翹、桔梗、牛蒡子、括楼根、薄荷葉、甘草各1.5.(湯)
さいしゃくりっくんしとう S 柴芍六君子湯 胃腸の弱いもので、みぞおちがつかえ、食欲不振、貧血、冷え症の傾向のあるものの次の諸症
→胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
本朝経験 六君子湯+柴胡3、芍薬3
さいぼくとう S 柴朴湯 気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時にどうき、めまい、嘔気などを伴う次の諸症→小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症
本朝経験 柴胡7、半夏5、乾生姜1、黄岑3、大棗3、人参3、甘草2、茯苓5、厚朴3、蘇葉2.(湯)
小柴胡湯+半夏厚朴湯
さいれいとう S 柴苓湯 吐き気、食欲不振、のどの渇き、排尿が少ないなどの次の諸症
→水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ
得効方 柴胡5、半夏4、乾生姜1、黄岑3、大棗、人参各2.5、甘草2、澤瀉5、猪苓3、茯苓、白朮各3、桂皮2.5
小柴胡湯+五苓散
さんおうさん E 三黄散 比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で便秘の傾向のあるものの次の諸症
→高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症
金匱要略 大黄末(増減)4、黄岑末4、黄連末2.(散、1包0.8、1日3回)
さんおうしゃしんとう S.E 三黄瀉心湯 比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で便秘の傾向のあるものの次の諸症
→高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症
金匱要略 大黄(増減)2、黄岑1、黄連1.(湯)原点では振り出しで飲む
さんそうにんとう S.E 酸棗仁湯 心身が疲れ弱って眠れないもの
金匱要略 酸棗仁15、知母3、川弓3、茯苓5、甘草1.(湯)
さんもつおうごんとう S.E 三物黄岑湯 手足のほてり
金匱要略 黄岑3、苦参3、地黄6.(湯)
じいんこうかとう S.E 滋陰降下湯 のどにうるおいがなく痰の出なくて咳こむもの
万病回春 当帰、芍薬、地黄、天門冬、麦門冬、陳皮各2.5、白朮3、知母、黄柏、甘草各1.5.(湯)
じいんしほうとう S 滋陰至宝湯 虚弱なものの慢性の咳、痰
万病回春 当帰、芍薬、白朮、茯苓、陳皮、柴胡、知母、香附子、地骨皮、麦門冬各3、貝母2、薄荷1、甘草1.(湯)
しうんこう 紫雲膏 ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、かぶれ
華岡青州家方 胡麻油1000、蜜蝋340、豚脂20、当帰60、紫根120.(外用軟膏)、
潤肌膏+豚脂
しぎゃくさん S.E 四逆散 胸腹部に重くるしさがあるような場合の次の諸症
→胃炎、胃痛、腹痛
傷寒論 柴胡2、芍薬2、枳実2、甘草1(湯).
柴胡、芍薬、枳実各1.8、甘草0.9.(散1回2、1日3回).
しくんしとう S 四君子湯 やせて顔色が悪くて、食欲がなく、つかれやすいものの次の諸症→胃腸虚弱、慢性胃炎、胃のもたれ、嘔吐、下痢
和剤局方 人参、白朮、茯苓各4、甘草1、乾生姜0.3、大棗1.(湯)
しちもつこうかとう S.E.T 七物降下湯 身体虚弱の傾向のあるものの次の諸症
→高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)
大塚敬節 当帰、芍薬、川弓、地黄、黄耆各3、黄柏2、釣藤鈎4.(湯)
していとう S.E 柿蔕湯 しゃっくり
済生方 丁字1.5、柿蒂5、乾生姜1.(湯)
しもつとう S.E.T 四物湯 皮膚が枯燥し、色艶の悪い体質で胃腸症状のない人の次の諸症
→産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、血の道症
和剤局方 当帰、芍薬、川弓、地黄各3.(湯)
しゃかんぞうとう S.E 炙甘草湯 体力が衰えて、つかれやすいものの動悸、息切れ
傷寒論、金匱要略 炙甘草4、乾生姜1、桂皮3、麻子仁3、大棗5、人参2、地黄4、麦門冬6、阿膠2.(湯)
しゃくやくかんぞうとう S.E 芍薬甘草湯 急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛
傷寒論 芍薬4、甘草4.(湯)
じゃしょうしとう S 蛇床子湯 ただれ、かゆみ、たむし
外科正宗 蛇床子10、当帰10、威霊仙10、苦参10.(外用煎)
じゅうぜんだいほとう S.E.T 十全大補湯 病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血
和剤局方 人参、黄耆、白朮、茯苓、当帰、芍薬、地黄、川弓、桂皮各3、甘草1.5.(湯)
じゅうみはいどくとう S.E.T 十味敗毒湯 化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫
華岡青州家方 柴胡、桜皮、桔梗、川弓、茯苓、防風各3、独活、甘草各2、荊芥2、乾生姜1.(湯)
じゅんちょうとう S.E 潤腸湯 便秘
万病回春 当帰3、地黄6、桃仁、杏仁、枳実、黄岑、厚朴、大黄(増減)各2、甘草1.5、麻子仁2.(湯)
しょうきょうしゃしんとう S 生姜瀉心湯 みぞおちがつかえた感じがあり、げっぷを伴う次の諸症
→食欲不振、胸やけ、はきけ、嘔吐、下痢、胃腸炎、口臭
傷寒論 半夏5、人参、黄岑、甘草、大棗各2.5、黄連1、乾姜1.5、乾生姜2.(湯)
しょうけんちゅうとう S.E.T 小建中湯 体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿、及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症
→小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜なき
傷寒論、金匱要略 桂皮4、大棗4、芍薬6、甘草2、乾生姜1、膠飴20
しょうさいことう S.E.T 小柴胡湯 胸や脇腹が重苦しくて疲れやすく、交互的な悪寒、微熱、食欲不振、せきなどを伴うもの 感冒、胃腸カタル、気管支カタル
傷寒論、金匱要略 柴胡7、半夏5、黄岑3、大棗3、人参3、甘草2、乾生姜1.(湯)
しょうさいことうかききょうせっこう S 小柴胡湯加桔梗石膏 咽喉がはれて痛む次の諸症
→扁桃炎、扁桃周囲炎
本朝経験 小柴胡湯+桔梗3、石膏10
しょうじょうきとう S 小承気湯 便秘
傷寒論、金匱要略 大黄(増減)2、枳実2、厚朴3.(湯)
しょうせいりゅうとう S.E.T 小青龍湯 気管支炎、気管支ぜんそく、鼻水、うすい水ようの痰を伴う咳、鼻炎
傷寒論、金匱要略 麻黄、芍薬、乾姜、甘草、桂皮、細辛、五味子各3、半夏6.(湯)
しょうせいりゅうとうかせっこう S 小青龍湯加石膏 以下の諸症があって、のどのかわきのあるものの
→気管支炎、気管支ぜんそく、鼻水、うすい水ようの痰を伴う咳、鼻炎
金匱要略 小青龍湯+石膏10.(湯)
しょうせいりゅうとうごうまきょうかんせきとう S 小青龍湯合麻杏甘石湯 気管支ぜんそく、小児ぜんそく、せき
麻黄4、芍薬、乾姜、甘草、桂皮、細辛、五味子各3、半夏6、杏仁4、石膏10(湯)
小青龍湯+麻杏甘石湯
しょうはんげかぶくりょうとう S.E 小半夏加茯苓湯 つわり、嘔吐、悪心
金匱要略 半夏8、乾生姜2、茯苓3.(湯)
しょうふうさん S 消風散 慢性湿疹(分泌物の多いもの)
外科正宗 当帰、地黄、石膏各3、防風2、蒼朮、木通、牛蒡子各2、知母、胡麻各1.5、蝉退、苦参、荊芥、甘草各1.(湯)
しょうまかっこんとう S 升麻葛根湯 感冒の初期、皮膚炎
和剤局方 葛根5、升麻1、乾生姜1、芍薬3、甘草1.5.(湯)
しょうようさん S 逍遥散 冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症
和剤局方 当帰、芍薬、白朮、茯苓、柴胡各3、甘草1.5、乾生姜、薄荷葉各1.(湯)
しれいとう S 四苓湯 のどが渇いて、水を飲んでも尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症
→暑気あたり、急性胃腸炎、むくみ
温疫論 沢瀉、茯苓、白朮、猪苓各4.(湯)
五苓散−桂皮
しんいせいはいとう S.E.T 辛夷清肺湯 鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症
外科正宗 辛夷3、知母3、百合3、黄岑3、山梔子、升麻各1.5、麦門冬6、石膏各6、枇杷葉1.(湯)
じんそいん S 參蘇飮 感冒、せき
和剤局方 蘇葉、枳実各1.5、桔梗、陳皮、葛根、前胡各2、半夏、茯苓各3、人参1.5、大棗1.5、木香1.5、甘草1、乾姜1.(湯)
しんぴとう S.E 神秘湯 小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎
外台秘要、浅田家方 麻黄5、杏仁4、厚朴3、陳皮2.5、甘草2、柴胡2、蘇葉1.5.(湯)
じんれいびゃくじゅつさん S 参苓白朮散 やせて顔色が悪く、食欲がなく下痢が続く傾向があるものの、食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠
和剤局方 人参3、山薬3、扁豆3、蓮肉3、白朮4、茯苓4、意苡仁8、桔梗2.5、縮砂2、甘草1.5.(湯)
人参、山薬、扁豆3、蓮肉各0.53、白朮、茯苓各0.71、意苡仁1.41、桔梗0.44、縮砂0.35、甘草0.26.(散−−1回2g、1日3回)
せいきあんかいとう S 清肌安蛔湯 蛔虫の駆除
蔓難録 柴胡、半夏各6、黄岑3、人参、海人草、麦門冬各3、甘草2、乾生姜1.(湯)
せいしょえっきとう S 清暑益気湯 暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠・夏やせ
医学六要 人参、白朮、麦門冬、当帰、黄耆各3、陳皮、五味子、黄柏、甘草各2.(湯)
せいじょうけんつうとう S 清上益蜀痛湯 顔面痛、頭痛
寿世保元 黄岑3、麦門冬、白朮、防風、蒼朮、当帰、川弓、姜活、独活各2.5、蔓荊子、菊花各1.5、細辛、乾生姜、甘草各1.(湯)
せいじょうぼうふうとう S 清上防風湯 にきび
荊芥、黄連、薄荷葉、枳実、甘草各1、山梔子、川弓、黄岑、連翹、白止、桔梗、防風各2.5.(湯)
せいしんれんしいん S 清心蓮子飲 全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出渋るものの次の諸症
→残尿感、頻尿、排尿痛
和剤局方 蓮肉、麦門冬、茯苓各4、人参、車前子、黄岑各3、黄耆、地骨皮各2、甘草1.5.(湯)
せいはいとう S 清肺湯 痰の多く出る咳
万病回春 黄岑、桔梗、桑白皮、杏仁、山梔子、天門冬、貝母、陳皮、大棗、竹茹各2、茯苓、当帰、麦門冬各3、五味子、乾生姜、甘草各1.(湯)
せっしょういん S 折衝飲 月経不順、月経痛
産論 牡丹皮、川弓、芍薬、桂皮各3、桃仁、当帰各4、延胡索、牛膝各2、紅花1.(湯)
せんきんけいめいさん S 千金鶏鳴散 打撲のはれと痛み
三因方 当帰5、桃仁5、大黄(増減)2.(湯)
せんしびゃくじゅつさん S 銭氏白朮散 小児の消化不良、感冒痔の嘔吐・下痢
小児薬証直訣 白朮、茯苓、葛根各4、人参3、霍香、木香、甘草各1.(湯)
そけいかっけつとう S.E.T 疎経活血湯 関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛
万病回春 当帰、地黄、川弓、白朮、茯苓、桃仁各2、芍薬2.5、牛膝、威霊仙、防已、姜活、防風、竜胆、陳皮各1.5、乾生姜0.5、白止、甘草各1.(湯)
そしこうきとう S 蘇子降気湯 足冷えのある人の慢性気管支炎で多少呼吸困難の傾向のあるもの
和剤局方 紫蘇子3、半夏4、陳皮、前胡、桂皮、当帰、厚朴各2.5、大棗1.5、乾生姜0.5、甘草1.(湯)
だいおうかんぞうとう S.T 大黄甘草湯 便秘
金匱要略 大黄(増減)4、甘草1、(湯)
だいおうぼたんぴとう S.E 大黄牡丹皮湯 比較的体力があり、下腹部痛があって、便秘がちなものの次の諸症
→月経不順、月経困難、便秘、痔核
金匱要略 大黄(増減)2、牡丹皮、桃仁、冬瓜子各4、芒硝1.7.(湯)
だいけんちゅうとう S.E 大建中湯 腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの
金匱要略 山椒1、乾姜4、人参2、膠飴20.(湯)
だいさいことう S.E.T 大柴胡湯 胃部が硬くつかえて便秘し、胸や脇腹に圧迫感や痛みがあるもので、肩こり、耳なり、食欲減退などを伴うもの 高血圧症、常習便秘、胃腸カタル
傷寒論、金匱要略 柴胡6、半夏6、黄岑、芍薬、大棗、枳実各3、乾生姜1.5、大黄(増減)0.5.(湯)
だいはんげとう S 大半夏湯 嘔吐
金匱要略 半夏7、人参3、蜂蜜20.(湯)
ちくじょうんたんとう S 竹茹温胆湯 インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠ができないもの
万病回春 柴胡、竹茹、茯苓、麦門冬各3、乾生姜1、半夏5、香附子、桔梗、陳皮各、枳実各2、黄連、甘草、人参各1.(湯)
ちだぼくいっぽう S 治打撲一方 打撲によるはれ及び痛み
香川修庵 川弓、樸嗽、川骨、桂皮各3、甘草1.5、丁香、大黄(増減)1.(湯)
ちずそういっぽう S.E 治頭瘡一方 湿疹、くさ、乳幼児の湿疹
勿誤方函口訣 連翹、蒼朮、川弓各3、防風、忍冬各2、荊芥、甘草、紅花各1、(大黄(増減)0.5).(湯)
ちゅうおうこう 中黄膏 急性化膿性皮膚疾患(はれもの)の初期、うち身、ねんざ
華岡青州家方 胡麻油1000、黄蝋380、欝金40、黄柏20.(外用軟膏)
ちょういじょうきとう S.E 調胃承気湯 便秘
傷寒論 大黄(増減)2、芒硝0.4、甘草1.(湯)
ちょうとうさん S.E.T 釣藤散 慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの
本事方 釣藤鈎、橘皮、半夏、麦門冬、茯苓各3、人参、防風、菊花各2、甘草、乾生姜各1、石膏5.(湯)
ちょれいとう S.E.T 猪苓湯 尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの
傷寒論、金匱要略 猪苓、茯苓、滑石、沢瀉、阿膠各3.(湯)
ちょれいとうごうしもつとう S 猪苓湯合四物湯 皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸症状のない人の次の諸症
→排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿
医方口訣 当帰、芍薬、川弓、地黄、猪苓、茯苓、滑石、沢瀉、阿膠各3.(湯)
つうどうさん S 通導散 比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症
→月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)
万病回春 当帰3、大黄(増減)3、芒硝1.7、枳実3、厚朴、陳皮、木通、紅花、蘇木、甘草各2.(湯)
とうかくじょうきとう S.E.T 桃核承気湯 比較的頑丈な体質者で、のぼせや冷えがあり便秘がちのもの →月経不順、月経困難、常習便秘、高血圧症、更年期の神経症
傷寒論 桃仁4、桂皮2、大黄(増減)0.5、芒硝2、甘草2.(湯)
とうきいんし S.E 当帰飲子 冷え症のものの次の諸症
→慢性湿疹(分泌物の少ないもの)、かゆみ
済生方 当帰5、芍薬、川弓、疾梨子、防風各3、地黄4、荊芥1.5、黄耆1.5、何首烏2、甘草1.(湯)
とうきけんちゅうとう S 当帰建中湯 疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の諸症
→月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み
金匱要略 当帰、桂皮、大棗各4、芍薬6、甘草2、乾生姜1、(膠飴20).(湯)
大虚のとき膠飴を加える→帰耆建中湯を見よ
とうきさん S.E
当帰散 産前産後の障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)
金匱要略 当帰、芍薬、川弓、黄岑各3、白朮1.5.(湯)
当帰末、芍薬末、川弓末、黄岑末各1.2、白朮末0.6.(散)
とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう S.E.T 当帰四逆加呉茱萸乾生姜湯 手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛
傷寒論 当帰、桂皮、芍薬、木通各3、大棗5、細辛2、甘草2、呉茱萸2、乾生姜1.(湯)
当帰四逆湯+
呉茱萸2、乾生姜1
とうきしぎゃくとう S 当帰四逆湯
(懐炉湯)
手足が冷えるものの次の諸症→しもやけ、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛、冷え症
傷寒論 当帰、桂皮、芍薬、木通各3、大棗5、細辛2、甘草2.(湯)
とうきしゃくやくさん S.E.T 当帰芍薬散
(当芍散)
比較的体力が乏しく、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、時に下腹部痛、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症
→月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、むくみ、しみ
当帰芍薬散は陰証の、桂枝茯苓丸は陽証の駆於血剤である
金匱要略 当帰、川弓各3、芍薬6、茯苓、白朮、沢瀉4.(湯)
当帰末0.4、芍薬末2.2、茯苓末、白朮末各0.6、沢瀉末、川弓末各1.1(散)
とうきとう S (千金)当帰湯 背中に寒冷を覚え、腹部膨満感や腹痛のあるもの
千金方 当帰、半夏各5、芍薬、厚朴、桂皮、人参各3、乾姜、黄耆、山椒各1.5、甘草1.(湯)
とうきばいもくじんがん S 当帰貝母苦參丸(帰母苦參丸 小便がしぶって出にくいもの 排尿困難
金匱要略 当帰、貝母、苦参各3.(湯)
どっかつかっこんとう S 独活葛根湯 五十肩、肩こり
外台秘要 葛根5、桂皮、芍薬各3、麻黄、独活、各2、乾生姜0.5、地黄4、大棗1、甘草1.(湯)
どっかつとう S 独活湯 冷えによる手足の屈伸痛
医学入門 独活、羌活、防風、桂皮、大黄(増減)、沢瀉各2、当帰、桃仁、連翹各3、防已、黄柏各5、甘草1.5.(湯)
にじゅつとう S 二朮湯 五十肩
万病回春 白朮、茯苓、陳皮、天南星、香附子、黄岑、威霊仙、姜活、蒼朮各1.5、半夏2、甘草1.5、乾生姜0.6.(湯)
にちんとう S 二陳湯 悪心、嘔吐
和剤局方 半夏5、茯苓5、陳皮4、乾生姜1、甘草1.(湯)
にょしんさん S 女神散 のぼせとめまいのあるものの次の諸症
→産前産後の神経症、月経不順、血の道症
勿誤薬室方函 当帰、川弓、白朮、香附子各3、桂皮、黄岑、人参、檳榔子各2、黄連1.5、木香1.5、丁字0.5、甘草1.5、大黄(増減)0.5.(湯)
にんじんようえいとう S 人参養栄湯 病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血
和剤局方 人参3、当帰、地黄、白朮、茯苓各4、桂皮2.5、芍薬、陳皮、遠志各2、黄耆1.5、五味子1、甘草各1.(湯)
にんじんとう S 人参湯(理中丸) 手足などが冷えやすく、尿量が多いものの次の諸症
→胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛
傷寒論、金匱要略 人参、甘草、白朮、乾姜各3.(湯)
丸剤よりも湯液の方が良く効きます
はいのうさん S 排膿散 化膿性皮膚疾患の初期または軽いもの
金匱要略 枳実3、芍薬3、桔梗1.5、(卵黄1ヶ).(湯)
枳実末3、芍薬末1.8、桔梗末0.6.(卵黄1ヶ)(散)
はいのうとう S 排膿湯 化膿性皮膚疾患の初期または軽いもの
金匱要略 甘草3、桔梗5、乾生姜0.3、大棗6.(湯)
ばくもんどうとう S 麦門冬湯 痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく
金匱要略 麦門冬10、半夏5、粳米5、大棗3、人参2、甘草2.(湯)
はちみじおうがん S.E.T 八味地黄丸 疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症
→下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ
金匱要略 地黄5、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮各3、桂皮1、炮附子0.5.(湯).
はんげこうぼくとう SET 半夏厚朴湯 気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、はきけなどを伴う次の諸症
→不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声
金匱要略 半夏6、茯苓5、厚朴3、蘇葉2、乾生姜1.(湯).
はんげしゃしんとう S.E.T 半夏瀉心湯 みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり、食欲不振で腹が鳴って、軟便または下痢の傾向のあるものの次の諸症
→急・慢性胃腸カタル、発酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症
傷寒論、金匱要略 半夏5、黄岑、乾姜、人参、甘草、大棗各2.5-3、黄連1.(湯).
はんげびゃくじゅつてんまとう S.E 半夏白朮天麻湯 胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛などがあるもの
脾胃論 半夏、白朮、蒼朮、陳皮、茯苓各3、麦芽、天麻各2、乾生姜0.5、神麹2、黄耆、人参、沢瀉各1.5、黄柏1、乾姜0.5.(湯).
びゃっことう S 白虎湯 のどの渇きとほてりのあるもの、高熱、汗、日射病、熱射病、尿毒症
三陽の合病につかう
金匱要略 知母5、粳米8、石膏15、甘草2.(湯).
びゃっこかにんじんとう S.E
白虎加人参湯 のどの渇きとほてりのあるもの、糖尿病、皮膚疾患、日射病.
傷寒論、金匱要略 知母5、粳米8、石膏15、甘草2、人参3.(湯)
白虎湯+人参3
びゃっこかけいしとう S 白虎加桂枝 のどの渇きとほてりのあるもの、のぼせ、顔面紅潮、多汗、糖尿病、皮膚炎、日射病.
傷寒論 知母5、粳米8、石膏15、甘草2、桂皮3.(湯).
白虎湯+桂皮3
ふかんきんしょうきさん S 不換金正気散 胃がもたれて嘔気や消化不良の傾向のある次の諸症
→急・慢性胃炎、胃アトニー、消化不良、食欲不振
和剤局方 白朮4、厚朴3、陳皮3、大棗3、乾生姜1、半夏6、甘草1.5、霍香1.(湯).
ぶくりょういん S 茯苓飮 吐き気や胸やけがあり尿量が減少するものの次の諸症
→胃炎・胃アトニー、溜飲
金匱要略 茯苓5、白朮4、人参3、乾生姜1、陳皮3、枳実1.5(湯)
ぶくりょういんかはんげ S 茯苓飮加半夏 吐き気や胸やけがあり尿量が減少するものの次の諸症
→胃炎・胃アトニー、溜飲
茯苓5、白朮4、人参3、乾生姜1、陳皮3、枳実1.5、半夏4.(湯)
ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう S 茯苓飮合半夏厚朴湯 気分がふさいで咽喉食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、はきけ、胸やけなどがあり、尿量減少するものの次の諸症
→不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲、胃炎
本朝経験 茯苓5、白朮4、人参3、乾生姜1、陳皮3、枳実1.5、半夏6、厚朴3、紫蘇葉2.(湯).
茯苓飮+半夏厚朴湯
ぶくりょうたくしゃとう S 茯苓沢瀉湯 吐いて渇きを覚えるものの次の諸症→胃炎、胃アトニー
金匱要略 茯苓4、沢瀉4、白朮3、桂皮2、乾生姜1.5、甘草1.5.(湯).
ぶんしょうとう S 分消湯 浮腫があり尿量の少ないもの、実証の腹水など
万病回春 蒼朮、白朮、茯苓各2.5、陳皮、厚朴、香附子、猪苓、沢瀉各2、枳実、大腹皮、縮砂、木香、乾生姜、燈心草各1.(湯)
へいいさん S.E 平胃散 胃がもたれて消化不良の傾向のある次の諸症
→急・慢性胃カタル、
和剤局方 白朮4、厚朴、陳皮各3、大棗2、乾生姜0.5、甘草1.(湯).
ぼういおうぎとう S.E.T 防已黄耆湯 色白で疲れやすく、汗のかきやすい傾向のある次の諸症
→肥満症(筋肉にしまりのないいわゆる水太り)、関節痛、むくみ
金匱要略 防已4、黄耆5、白朮3、乾生姜1、大棗4、甘草2.(湯).
ぼういぶくりょうとう S 防已茯苓湯 手足のむくみや、冷えやすい傾向のあるものの次の諸症
→手足の疼痛・しびれ感、むくみ、めまい
金匱要略 防已、黄耆、桂皮各3、茯苓6、甘草2.(湯)
ぼうふうつうしょうさん S.E.T 防風通聖散 腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症
→高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘
宣明論 当帰、芍薬、川弓、山梔子、連翹、薄荷葉、荊芥、防風、麻黄各1.2、大黄(増減)1.5、芒硝0.6、乾生姜0.4、白朮、桔梗、黄岑、甘草、石膏各2、滑石3.(湯)
ほきけんちゅうとう S 補気建中湯 胃腸が弱くて腹部膨満感のあるもの
済生方 白朮5.5、茯苓3、人参各3、陳皮2.5、黄岑、厚朴、沢瀉、麦門冬2.(湯)
ほちゅうえっきとう S.E.T 補中益気湯 元気が泣く胃腸のはたらきが衰えて疲れやすいものの次の諸症→虚弱体質、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ
弁惑論 黄耆、人参、朮各4、当帰3、陳皮、大棗各2、柴胡1、甘草1.5、乾生姜、升麻各0.5.(湯)
まおうとう S.E 麻黄湯 風邪のひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合の次の諸症
→感冒、鼻かぜ
傷寒論、金匱要略 麻黄4、杏仁4、桂皮3、甘草1.5.(湯)
まきょうかんせきとう S.E.T 麻杏甘石湯 咳がはげしく、発作時に喘鳴や頭部発汗を伴うもの
→気管支喘息、気管支炎
傷寒論、金匱要略 麻黄4、杏仁3.5、甘草2、石膏8.(湯)
まきょうよっかんとう S.E.T 麻杏意甘湯 関節痛、神経痛、筋肉痛、いぼ、水虫
金匱要略 麻黄4、杏仁3、意苡仁10、甘草2.(湯)
ましにんがん S.E.T 麻子仁丸 便秘、老人性便秘
傷寒論 厚朴、枳実、杏仁、芍薬各2、麻子仁5、大黄(増減)4、(湯)
よくいにんとう S.E.T 意苡仁湯 関節痛、筋肉痛
明医指掌 麻黄、当帰、白朮各4、意苡仁8、桂皮、芍薬各3、甘草2.(湯)
よっかんさん S 抑肝散 虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症
→神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症
保嬰撮要、直指方 当帰、釣藤鈎、川弓各3、白朮、茯苓各4、柴胡2、甘草1.5.(湯)
よっかんさんかちんぴはんげ S.E.T 抑肝散加陳皮半夏 虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症
→神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症
保嬰撮要 当帰、釣藤鈎、川弓各3、白朮、茯苓各4、柴胡2、甘草1.5、陳皮3、半夏5.(湯)
抑肝散+陳皮3、半夏3
りっこうさん S 立効散 抜歯後の疼痛、歯痛
李東垣方 細辛、升麻、防風2、甘草1.5、竜胆1.(湯)
りっくんしとう S.E.T 六君子湯 胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症
→胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
万病回春 人参、白朮、茯苓、半夏各4、陳皮2、大棗2、甘草1、乾生姜0.5.(湯)
りゅうたんしゃかんとう S.E 竜胆瀉肝湯 比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症
→排尿痛、残尿管、尿の濁り、こしけ
薛氏 当帰、地黄、木通各5、黄岑、沢瀉、車前子各3、竜胆、山梔子、甘草各1.(薛氏)
森一貫堂 当帰、地黄、木通各5、黄岑、沢瀉、車前子各3、竜胆、山梔子、甘草各1-1.5.(一貫堂)
りょうかんきょうみしんげにんとう 苓甘姜味辛夏仁湯 貧血、冷え症で喘鳴、喀痰、咳嗽.気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病
小青龍湯を飲むような証であるが胃腸が弱くて胃にもたれる様な時に飲むと良い
。小青龍湯とは陰陽の別がある
金匱要略 杏仁、半夏、茯苓各4、五味子3、細辛、乾姜、甘草各2.(湯)
りょうきょうじゅっかんとう S.E 苓姜朮甘湯 腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い次の諸症→腰痛、腰の冷え、夜尿症
金匱要略 茯苓6、乾姜3、白朮3、甘草2.(湯).
りょうけいかんそうとう S.E 苓桂甘棗湯 動悸があり神経のたかぶるもの
傷寒論、金匱要略 茯苓6、桂皮4、大棗4、甘草2.(湯).
りょうけいじゅっかんとう S.E.T 苓桂朮甘湯 立ちくらみ、頭重、胃内停水感などがあるものの 心悸亢進症、めまい、胃下垂、胃アトニー
傷寒論、金匱要略 茯苓4、桂皮3、白朮2、甘草2.(湯).
ろくみじおうがん S.T 六味地黄丸 疲れやすくて尿量減少または多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症
→排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ
小児直訣 地黄5、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮各3.(湯)
八味地黄丸−桂皮、炮附子