クマコケモモ 生薬「ウワウルシ」


【起源植物】  クマコケモモ
【 生薬名 】  ウワウルシ
【 科 名 】 ツツジ科
【 別 名 】
【薬用部位】
【 主成分 】 配糖体アルブチン、タンニン
【 薬 性 】 気味は、帰経は不明、現在調査中(私考:味苦、腎膀胱経)
【 効 能 】 ●尿路防腐、収斂、利尿薬として煎服する
●腎盂腎炎、尿道炎、膀胱炎などに
●1日15g(最大量)を煎服する、味は相当悪く飲みにくい生薬である
●最近、アトピーなどの免疫疾患に対して外用して有効であるとの報告がある
【 備 考 】