ウイキョウ 生薬「茴香」


【起源植物】  ウイキョウ
【 生薬名 】  茴香
【 科 名 】 セリ科
【 別 名 】 フェンネル(スパイス名)
【薬用部位】 種子
【 主成分 】 精油アネトール、フェンコン、アニスタルデヒド、脂肪油
【 薬 性 】 気味は辛温、帰経は肝腎脾胃に属す
【 効 能 】 ●芳香性健胃薬、駆風薬、胃痛、腹痛、去痰に5〜10gを煎服、
 粉末は0.5〜2gを服用する
●母乳分泌促進、利尿、生理不順、腎膀胱疾患、視力増強作用もあるらしい
●魚料理にあう、パン、菓子、スープ、スイートピクルスなどにも用いる
●根茎や柔らかい穂の部分はサラダにして食べられます
●よく似た植物にイノンド(ハーブ名ディル)がありますが、小茴香の方が芳香が強い
●中国五香の一つ
 【 備 考 】 茴香は中国ではカイキョウと発音します