チョウセンゴミシ  生薬「五味子」


【起源植物】  チョウセンゴミシ
【 生薬名 】  五味子
【 科 名 】 モクレン科
【 別 名 】 北五味子
【薬用部位】 果実
【 主成分 】 リグナン(シザンドリン、ゴミシン)、精油、有機酸
【 薬 性 】 気味は酸温、帰経は肺腎に属す
【 効 能 】 ●滋養強壮に1日3〜5gを煎服か、薬酒を1日30ml飲む、薬酒の方がベター
『五味子酒』 五味子300g、グラニュー糖300g、ホワイトリカー1.8L、2-3ケ月
●収斂性鎮咳去痰薬として1日3-10gを煎服、咳嗽を頻発し薄い痰が出たり、咳して浮腫みのある時に、処方例は小青龍湯
●ゴミシンAには中枢抑制、鎮咳、抗アレルギー、抗炎症作用があり、肝障害によるGOT、GPTの上衝を抑制し、肝細胞膜安定化作用に基づくと考えられる肝機能改善作用、障害肝の修復・再生促進を有す
●アルコール抽出区画には肝障害改善物質がふくまれ肝炎や肝硬変に中国では製剤化され臨床に応用されている
●サネカズラ(ビナンカズラ)は南五味子と称して五味子の代用とする
●五味子には漏れたり出過ぎたりする状態を出さないようにし向ける作用がある、この作用を収斂作用という
 【 備 考 】 ●味に五味あることから五味子と呼ばれるようになった