生薬「猪苓」  生薬「猪苓」刻み 


【起源植物】  チョレイマイタケ
【 生薬名 】  猪苓
【 科 名 】 サルノコシカケ科
【 別 名 】 牛のフン、チョレイタケ、チョレイナバ、マツマイタケ、ハギホド、オニノカナクソなど
【薬用部位】 菌核
【 主成分 】 エルゴステロール、非晶形多糖類、ビオチン
【 薬 性 】 気味は甘淡平、帰経は腎膀胱に属す
【 効 能 】 ●1日3〜6gを煎服する
●顕著な利尿作用、尿細管での吸収を抑制するので子球体濾過率GFRには影響がない
●水腫(腎炎など)に使う、重症ならば車前子・牛膝を併用する
●急性の尿道炎の尿量減少、排尿痛、血尿など湿熱のものにはに猪苓湯はよく使われ効果も良い
●普段より尿量の多いものは注意して服用すること
●国の機関の研究で抗癌作用が確認されている、水溶性グルカンは担癌マウスに対し,強い抗腫瘍作用を示した
●水湿の甚だしい肺癌や肝臓癌等に用いられる
●黄色ブドウ球菌,大腸菌に対し制菌作用がある
【 備 考 】 ●猪の糞の形がよく似ているので、この名「猪苓」がある