チガヤ チガヤ根茎 生薬「茅根」 


【起源植物】 チガヤ Imperata cylindrica var. koenigii
【 生薬名 】 茅根 IMPERATAE RHIZOMA
【 科 名 】 イネ科 Gramineae
【 別 名 】 花をツバナ(若くて葉鞘に包まれた花穂をなめると甘い)
【薬用部位】 根茎
【 主成分 】 トリテルペノイド、糖類、有機酸、K塩
【 薬 性 】 気味は甘寒、帰経は肺胃に属す
【 効 能 】 ●11月頃根茎を掘り取り水洗し髭根を除き乾燥
●清熱、利尿、消炎、止血薬として、腎炎・水腫・血尿のほか、脚気・黄疸・膀胱炎に用いる
●腎炎・水腫・膀胱炎・黄疸・妊娠時の浮腫には1日10〜20gを水400`で煎じ分3服用する
●若い花穂には止血作用があり出血時間凝固時間を短縮する
1日5〜15gを水400`で煎じて分3服用する
●鼻血、血尿、喀血の止血によい(熱証であることが重要)
単独では効果が弱いので生地黄、山梔子炭、藕節(蓮根の節)などと併用すると良い
●茅根は虚弱者に良く、他の利尿薬よりも効果が大きい
●風邪・喘息・生理不順・二日酔いにも用いる
●子供の咳、疳には花穂を1日5〜15gを煎服する
 【酒】 g、グラニュー糖100g、ホワイトリカー720ml、2〜3ヶ月熟成。
 【処 方 例】
【 備 考 】 ●万葉集に「戯奴がため我が手もすまに春野のに抜ける茅花そ召して肥えませ(紀郎女が大伴家持に贈った歌、訳:あなたのために春野のでせっせと抜いたツバナですよ。食べて肥ってください。)」とツバナを食べる風習が昔からあったことが分かります