タンジン花  生薬「丹参」


【起源植物】  タンジン 
【 生薬名 】  丹参
【 科 名 】 シソ科
【 別 名 】  
【薬用部位】
【 主成分 】 ジテルペン(タンシノンA、B、C)、トリテルペン類、フラボン類、リグナン類、フェノール類
【 薬 性 】 気味は苦微寒、帰経は心・心包に属す
【 効 能 】 ●神農本草経には「心腹の邪気、水が走るような腸鳴、寒熱による積聚を治し、徴(病だれ)を破りか(暇の日偏が病だれ)を除く。煩満を止め、気に益す」とある
●中医学上の効能は活血去於薬、凉血消腫薬、清心除煩の安心薬
●アルコールや水の抽出液には鎮痛、抗炎症、利尿、抗菌、抗ウイルス、血管拡張、抗高血圧、血小板凝集抑制、免疫抑制、抗変異原性、抗腫瘍、抗酸化作用などが確認されている。
●高血圧、鎮静、精神安定、鎮痛の作用が臨床で応用されている
●心筋梗塞や狭心症などの心臓病、肝炎や肝硬変の初期などにも応用されている
●丹参製剤として生薬製剤2号方があります
●1日3 〜 5g
 【 備 考 】