準備中
シュロの花 生薬「棕櫚葉」と「棕櫚実」


【起源植物】  シュロ
【 生薬名 】  棕櫚葉、棕櫚実、棕櫚皮
【 科 名 】 ヤシ科
【 別 名 】  
【薬用部位】 葉、種子、皮
【 主成分 】 タンニン
【 薬 性 】 気味は苦渋平、帰経は肺肝大腸に属す
【 効 能 】 ●高血圧、脳出血などの予防治療、長く飲む程良い
 種子は1日8〜15gを煎服、
 軽く焙じた葉をお茶代わりに飲んだり
 若い花穂を乾燥して3〜5gを煎服しても同様の効果がある
●皮を黒焼きにすれば止血剤として吐血や鼻血などに用いる
●葉柄基部の棕皮の黒焼きを中国では陳棕炭と呼び収斂止血薬とし不正性器出血に用いる、古いもの程良い、陳は古いという意味
 【 備 考 】