ショウガ茎葉 新ショウガ(上)とヒネショウガ(下) 乾姜と干生姜


【起源植物】  ショウガ
【 生薬名 】  生姜、干生姜(干姜)、乾姜
【 科 名 】 ショウガ
【 別 名 】 クレノハジカミ、ツチハジカミ
【薬用部位】 漢方でいう生姜は生のヒネショウガを指しますが、それが無ければ新ショウガで代用します
生姜 生の生姜、通常、必要時に2ミリ位の厚さにスライス切りして使う
干生姜(干姜) 生のショウガを干しただけもの
乾姜 ショウガを湯通し又は、蒸してから乾燥させたもの
【 主成分 】 辛味成分のジンゲロール、ショーガオール、ジンゲロンなど
新ショウガよりもヒネショウガの方が辛み成分が多く含まれる
生姜→干生姜→乾姜と辛み成分が多くなります
【 薬 性 】 味は辛温(乾姜は辛熱)、帰経は肺脾胃に属す
【 効 能 】 漢方では風邪、健胃、消化促進、鎮痛に使う
●ショウガ湯は風邪の初期に飲むと体が温まるし、汗が出て軽快する事もおおく、咳や喘息等にも良い
●吐き気のある時はショウガの汁を飲むと胸がスッキリとする
●小半夏加茯苓湯はつわりなどの吐き気の特効薬として有名
●カール・ルイスがショウガエキスを膝痛に使って以来注目されている(アミノピリンと同程度の鎮痛作用という)
●腰痛や五十肩、肩こりに絞り汁で患部に温湿布するとよい(かぶれには注意すること)
生姜・干生姜は、健胃、鎮嘔吐、発汗、駆風、咳などの外感病に1日5〜6gを煎服する。
乾姜、吐瀉、腰冷痛、腰痛、下痢などの体の内部の冷え(裏寒)から来る様々な症状に使う
【 備 考 】