シソ


【起源植物】  シ ソ
【 生薬名 】  蘇葉
【 科 名 】 シソ科
【 別 名 】  
【薬用部位】 全草(蘇葉)、種子(紫蘇子)
【 主成分 】 蘇葉(シアニジン、ペリラニン)、紫蘇子(ペリラアルデヒド)
【 薬 性 】 蘇葉 気味は辛温、帰経は肺脾に属す
紫蘇子 気味辛温、帰経は肺に属す
【 効 能 】 ●蘇葉6〜10gを煎服、風邪、発汗、鎮咳、利尿、防腐殺菌
●漢方では気鬱を散じて気の流れをよくする目的で使われる
●紫蘇子1回3〜6g(蘇葉は小匙1杯)を振り出しで服用、魚中毒に
●小匙1杯の葉及び種子を振り出しで服用、魚中毒、鎮咳、去痰
●シソのエキスに抗アレルギー作用があることが確かめられた
【 備 考 】