準備中
センキュウ花  生薬「川弓」


【起源植物】 センキュウ
【 生薬名 】 川弓
【 科 名 】 セリ科
【 別 名 】 弓窮(ともにクサカンムリつき)
【薬用部位】 根茎
【 主成分 】 精油
【 薬 性 】 気味は辛温、帰経は肝胆心包に属す
【 効 能 】 ●鎮痙、鎮静、降圧、血管拡張、抗菌の作用がある
●特に風寒などの頭痛・偏頭痛に多用する、処方に川弓茶調散
●月経不順などの各種婦人病の常用生薬である
●活血薬に分類され血於すなわち血の滞りを改善する
●煎液はとくに末梢血管を拡張し血流量を増加する
●血液凝固を抑制させる
●痺症といい肢体関節の疼痛やしびれ、手足の麻痺にも使う
●1日3〜5gを煎服する、通常は少量を使い、量が多いと嘔吐やめまいを起こすことがある
 【 備 考 】 ●園芸では川C末を水で溶いて松の木の根本にまくと元気になる
●本当の生薬名は弓窮であるが流通品の多くは四川省産のもので品質も良いので川弓と呼ばれるようになった