サンザシ花 サンザシ実 生薬「山査子」


【起源植物】  サンザシ
【 生薬名 】  山査子、山査肉 
【 科 名 】 バラ科
【 別 名 】
【薬用部位】 偽果、種子(山査子)、果肉(山査肉)
【 主成分 】 フラボノール・クエルセチン、タンニン・クロロゲン酸、フェノールカルボン酸・カフェー酸、トリテルペン・オレアノール酸、VB2、VC、カロチン
【 薬 性 】 気味は酸温、帰経はに属す
【 効 能 】 ●特に脂っこい食物・肉や脂肪の多い食物による消化不良に適す
●その他胃酸欠乏症、乳幼児の消化不良・食欲不振にもよい
●抗赤痢菌・収斂止瀉薬として下痢に使う
●健胃、整腸、消化促進に、1日5〜8g煎服、分3
●二日酔い、食中毒に、1回8g
●魚鳥獣肉の消化を助け、二日酔いに煎服すると良い
●山査子、山査肉は脂物を食べた後にお茶代わりに飲むと良い
●胃酸分泌を亢進させるので、呑酸・吐酸などの胃酸過多の症状があるときや胃潰瘍には使わない方がよい
 【 備 考 】