サンショウの実 生薬「山椒(左)」と椒目(右)


【起源植物】  サンショウ
【 生薬名 】  蜀椒、花椒
【 科 名 】 ミカン科
【 別 名 】 果皮
【薬用部位】 果皮 山椒、蜀椒、花椒
種子 椒目
【 主成分 】 α、βサンショーオール(辛味成分
【 薬 性 】 気味は辛大熱、帰経は脾胃肺腎に属す
【 効 能 】  ●芳香性辛味健胃薬、駆風、止痛、胃腸を暖める、果皮の粉末1日量2〜5gをそのまま服用
●果皮の煎液を塗ると神経痛の痛みによい
●明らかに体が寒の状態のものに使うこと
●大建中湯に処方されており、体力が落ちて下痢腹痛するものに用いられる
◆種子には利尿作用があり15gを煎服する
 【 備 考 】 ●生の葉は木の芽とよび料理に使うし葉の粉末は鰻の蒲焼きにとても合う