準備中
ラッキョウ花  生薬「薤白」


【起源植物】  ラッキョウ
【 生薬名 】  薤白
【 科 名 】 ユリ科
【 別 名 】
【薬用部位】 鱗茎
【 主成分 】 サポニン(イソリクエチゲニン、)精油、糖類
【 薬 性 】 気味は苦辛温、帰経は肺胃大腸に属す
【 効 能 】 ●食欲増進に生のラッキョウに味噌などをつけて食べる
●薤白5〜10gを煎じた物を薤白湯とよび服用すると腹の痛みに良いと香月牛山が新増妙薬手引大成に記している
●漢方では胸痺(心臓病などで胸部に圧迫感があってつかえたり、痛みがあるような病状、狭心症や心筋梗塞など)につかう
●持病に心臓の病気があるものはラッキョウの酢漬けを1日に
 3〜5個食べると良い。また、肺ガン・皮膚ガン・大腸ガンの予防効果もある
●於血を改善する効果があり高脂血症や高血圧に有効
●強い殺菌効果がある
●ただし効果は食べ初めて2〜3ヶ月くらいから出てくる
●胃腸の弱いものは食べ過ぎると胃がもたれることがある
●繊維をたくさん含むので便秘解消にも良い
【 備 考 】