オニク


【起源植物 】  オニク
【 生薬名 】  和肉従蓉
【 科 名 】 ハマウツボ科
【 別 名 】
【薬用部位】 開花期の全草
【 主成分 】 ボシニアラクトン、ボシニアキンなど塩素性物質
【 薬 性 】 気味は、帰経はに属す
【 効 能 】 ●強壮、強精に1日6〜10gを煎服、又、5倍量のホワイトリカーに3ヶ月つけたものを服用してもよい
●中国産肉従蓉の代用とする、肉従蓉はホンオニク(同属の多年草)といい御肉(オンニク)とよび、それからオニクと呼ぶようになった
●マタタビと同様猫が大好きなので取られないように
●ミヤマハンノキに寄生する1年草で黄色の根茎の中心にはミヤマハンノキの根を包んでいる
 【 備 考 】