オミナエシ オトコエシ


【起源植物 】  オミナエシ
【 生薬名 】  敗醤根、敗醤草
【 科 名 】 オミナエシ科
【 別 名 】 女郎花、血眼草、黄花竜牙
【薬用部位】 根、根をつけた全草
【 主成分 】 精油、オレアノール酸、サポニン
【 薬 性 】 気味は苦辛微寒、帰経は胃大腸肝に属す
【 効 能 】 ●消炎、浄血、排膿作用、婦人科でよく使う、むくみ、通経、はれもの、鼻血、 吐血、こしけ等、又、産後の肥立ちを良くし、血の道にもよい、
1日5〜10gを煎服する
●民間では古来より「血眼草」とよび、目の充血、炎症に煎液てで洗眼したり、内服されてきた
●漢方では腸癰(虫垂炎)やむくみに使われる(意苡附子敗醤散)
●乾燥根は醤油の腐敗したような臭いがある(名前の由来)
●秋の七草の一つ
●オトコエシ写真右も敗醤草として使う
 【 備 考 】