オグルマ花 生薬「旋覆花」


【起源植物 】  オグルマ
【 生薬名 】  旋覆花
【 科 名 】 キク科
【 別 名 】  
【薬用部位】 頭状花序
【 主成分 】 イソフラボノイドのクエルセチン・イソクエルセチン、
PPAのカフェー酸(クロロゲン酸として)
【 薬 性 】 気味は苦辛微温、帰経は肺脾胃大腸に属す
【 効 能 】 ●しゃっくり、おくび(ゲップ)、気管支炎に
 1日3〜9g、水400mlにて煎じ3回に分けて服用する
●中薬大辞典には「痰を消す、気を下す、堅を軟らげる、水を行らす」の効があるとし、胸中の痰結、脇下の脹満、咳喘、しゃっくり、非常に粘り着いた唾液の出る状態、長期にわたるあくび、腹の水腫を治す効があると記載されている
●日本ではひどいゲップに旋覆花代赭石湯は使われている
 【 備 考 】