ノダケ花  ノダケ根 


【起源植物】  ノダケ
【 生薬名 】  前胡
【 科 名 】 セリ科
【 別 名 】 紫花前胡と中国では呼ばれる
【薬用部位】
【 主成分 】 クマリン誘導体、タンニン
【 薬 性 】 気味は苦辛微寒、帰経は肺に属す
【 効 能 】 風邪の初期の発熱や咳、痰に1日10〜15gを煎服
●風邪、気管支炎、咽の腫れ、小児の夜泣き、妊婦のむかつき、吐き気に
●葉を風呂に入れて浴湯料としてもよい
【 処方例 】 ●参蘇飲:胃の弱い人の風邪や咳
●蘇子降気湯:喘息、気管支炎
●荊防敗毒散:湿疹や化膿症
【 備 考 】 セリ科には珍しく暗紫色(あずき色)の花を付ける。セリ科の多くは白〜黄色が多い