ネズミモチ花 ネズミモチ実  生薬「女貞子」 


【生薬名】  女貞子  LIGUSTRUMI FRUCTUS
【起源植物】 ネズミモチ  Ligustrum japonicum
トウネズミモチ  L.lucidum
【 科 名 】 モクセイ科  Oleaceae
【 別 名 】
【薬用部位】 果実
【 主成分 】 オレアノール酸、ウルソール酸、マンニット
【 薬 性 】 気味は苦平、帰経は肝腎に属す
【 効 能 】 ●強心、利尿、緩下、強壮、強精薬として用いられてきた。特に内臓の諸臓器を丈夫にするとして肝臓、腎臓、腰膝を強くし、精力を養い、若白髪などに効果があるとされる
●強壮強精薬として1日5〜10gを煎服する、薬酒を1日3回1回20ml飲んでもよい
●肝腎陰虚の視力減退やかすみ目に中国では頻用される
●果実は民間で一般に白髪の薬として有名
●肝臓の陰分を益する清心薬で、陰虚、労熱、肝腎の精氣不足に適応する
◆葉の抽出エキスには経口投与で、ラットの胃液分泌・ペプシン排出量を増加させ抗潰瘍作用がある
◆葉には下熱、鎮痛の作用がある、また、諸瘡に外用しても有効である
『女貞子酒』 女貞子200g、グラニュー糖200g、ホワイトリカー1.8L、6ヶ月熟成
【 備 考 】 ●ネズミモチはトウネズミモチの代用であり、実や葉はやや小ぶりであるが、同様に利用して差し支えない。
●晩秋、黒く成熟した果実を採取し、水洗後、陽乾する