ネナシカズラ 生薬「菟絲子」 ネナシカズラ実


【起源植物】  ネナシカズラ  Cuscuta japonica
【 生薬名 】  菟絲子  
【 科 名 】 ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE 
【 別 名 】 金鐙藤、毛牙藤
【薬用部位】 種子
【 主成分 】 樹脂配糖体、アミラーゼ、VA様物質
【 薬 性 】 気味は辛甘平、帰経は肝腎に属す
【 効 能 】 腎虚で身体の衰弱したものに使う。腎陰虚、腎陽虚のどちらにも良いが主に腎陽虚に使う。
1日8gを3回に分けて飲む。インポテンツ、遺精、冷え症などによい。
滋養強壮に薬用酒にして飲む
 【菟絲子酒】 菟絲子60〜90g、グラニュー糖100g、ホワイトリカー720ml、2〜3ヶ月熟成。寝る前に20〜30mlを限度に服用する。
【 備 考 】 ネシナカズラは寄生植物で、ヨモギ、クズ、ススキ、イタドリ、イノコヅチなど様々な植物を宿主としている。類似植物のマメダオシの種子も薬用とする。
本来の菟絲子の起源植物はハマネナシカズラであるが、ネナシカズラ、マメダオシも菟絲子として使う