準備中
ミロバラン  生薬「訶子」


【起源植物】  ミロバラン
【 生薬名 】  訶子
【 科 名 】 シクンシ科
【 別 名 】 訶梨勒
【薬用部位】 果実
【 主成分 】 タンニン
【 薬 性 】 気味は苦酸渋温(苦酸平)、帰経は肺大腸に属す
【 効 能 】 ●訶子の苦は気を泄し痰を消す、酸は肺を斂め火を消す、渋は脱するを収め瀉を止める、温は胃を開き中を調える、以上の作用がある。それ故、久瀉、久痢を治したり、気滞腹脹を治すのに用いる。
●収斂作用により斂肺利咽、渋腸止瀉、即ち肺と腸への効がある●日本で訶子は響声破笛丸(声がれ)や参苓白朮散(慢性下痢)などに使う程度で使用頻度は少ない、また単独での使用経験は少ない
●一般に慢性下痢、下血、痔、子宮出血、帯下、咽頭炎などに使う
●胃全摘出後の慢性下痢に漢方処方に加味剤として使う
●訶子を一定期間服用するとガンの再発を抑制すると思われる
●肺癌には麦門冬、大腸癌には白花蛇舌草、咽喉癌には山豆根等と組み合わせて用いると良いようである
●1日2〜4gを煎服する、量により便秘傾向になることがある
●ガンの「WTTC」療法はとくに胃ガンに使われている
処方:「藤の瘤10g、菱の実5g、訶子5g、意苡仁10g」
の4種を混ぜ水600mlで半量まで煎じて、1日3回、食間に服用
【 備 考 】