生薬「茯苓」 生薬「茯神」


【起源植物】  マツホド
【 生薬名 】  茯苓、茯神
【 科 名 】 サルノコシカケ科
【 別 名 】 ホヤ
【薬用部位】 マツ属植物の根に寄生し、伐採後5〜6年を経た根の周りに生じた不定形塊状の菌体
【 主成分 】 多糖体のベータパヒマン94%、エブリコ酸
【 薬 性 】 気味は甘淡平、帰経は心肺脾胃腎に属す
【 効 能 】 ●漢方では水分の代謝を調節する、1日3〜10g
●鎮静、利尿、強心、強壮作用がある
●利尿、鎮静薬で浮腫、めまい、心悸亢進、口渇、胃内停水、筋肉ケイレンなどに粉末1回2gまでを1日2〜3回服用、また1日5gを煎服する。
●茯苓の水製エキスは抗潰瘍作用や血糖降下作用を示す。
●根の通った部分を茯神といい鎮静作用が強いとされる
●広島地方では家畜、とくに牛が弱ったときに強心剤として食べさせる習慣がある
【 備 考 】 日本にも茯苓突きという道具を用いて採取する名人が多くいたが、その数も激減したという。また、栽培する際に松材を使うが樹皮の部分なしでは茯苓は全く育たない
中国では大量に栽培されて食用としての相当量が利用されている