マタタビの葉  マタタビの実(上)と虫瘤(下) 生薬「木天蓼」


【起源植物】  マタタビ
【 生薬名 】  木天蓼
【 科 名 】 マタタビ科
【 別 名 】
【薬用部位】 虫瘤になった果実(右写真の下、ゴツゴツした方)
10月頃採取して湯通しして瘤中の虫を殺して後乾燥させた物が生薬の木天蓼になる
【 主成分 】 マタタビ酸、マタタビラクトン、アクチニジン(鎮痛作用)、ポリガモール(利尿作用)
【 薬 性 】 気味は辛温、帰経は不明
【 効 能 】 ●鎮痛・強壮薬としてリウマチ、神経痛、腰痛、中風、強心、利尿に、温身の作用
●マタタビ酒を1回15mlを1日2回服用する、煎じて飲むときは1日5〜8gg
『マタタビ酒』 木天蓼100g、ホワイトリカー720ml、6ヶ月以上熟成
●神経痛やリウマチに又度の粉末1〜3gを1日3回水で飲む
●胃腸虚弱な人の健胃薬としても使う(薬酒は避ける方がよい)
【 備 考 】 ●虫瘤でない実は薬効なく塩漬け等にして食べるとうまいらしい
●猫にマタタビというように猫の病気に使う、
猫が食べると酔ったようになる(猫科に特有の反応)