クコの葉と実 クコの根


【起源植物】  クコ
【 生薬名 】  枸杞子、枸杞葉、地骨皮
【 科 名 】 ナス科
【 別 名 】
【薬用部位】 果実(枸杞子)、葉(枸杞葉)、根皮(地骨皮)
【 主成分 】 果実(VC、ルチン)葉(ベタイン、ゼアキサンチン)根皮(バタイン、タンニン酸)
【 薬 性 】 枸杞子の気味は肝平、帰経は肝腎に属す
【 効 能 】
枸杞子 ●枸杞子5〜10gを煎服、滋養強壮、肝腎を滋補する、
 枸杞子酒を1杯飲んでもよい
●肝炎や肝硬変の方は生薬の枸杞子を毎日20〜30粒食べると良いです
『枸杞子酒』 枸杞子200g、グラニュー糖200g、ホワイトリカー1.8L、3〜6ケ月熟成
枸杞葉 ◆5〜10gを煎服、高血圧、動脈硬化の予防、健胃、強壮、解熱
地骨皮 ■3〜5gを煎服、解熱、高血圧に
 【 備 考 】 挿し木で簡単に増えるので一鉢作っておくと便利