準備中
ウラルカンゾウ実 生薬「棒甘草」 生甘草と炙甘草


【起源植物】  カンゾウ
【 生薬名 】  甘草
【 科 名 】 マメ科
【 別 名 】
【薬用部位】 根およびストロン
【 主成分 】 サポニン・グリチルリチン、フラボノイド、糖質
【 薬 性 】 気味は甘平、帰経は十二経に属す
【 効 能 】 ●補脾益気・清熱解毒の薬能を有す
●鎮静、鎮痙、鎮咳、抗消化性潰瘍、利胆、抗炎症、抗アレルギー、ステロイドホルモン様などの作用が認められている
●漢方では急迫な症状を治すとされ、腹部の疼痛、痙攣、手足の冷え、煩悶して落ち着かないもの、体の下から上につき上がってくるような症状など様々の急迫症状を治すとされ良く使います。
●咽頭痛、歯痛、咳、腹痛、食中毒
●1日5gまでとし、量を超して長服するとむくむ事がある
●芍薬甘草湯は腹痛やこむら返りなどによく使う
●甘草湯は咽痛にうがいをしながらゆっくりと飲む、化膿があれば桔梗を加えるとより効果的
●良品の生薬ほど、ぼろぼろと簡単に砕ける
●甘草の大部分は醤油や味噌などの食品の天然の甘味料・矯味料としての用途が最も多い
 【 備 考 】