イトヒメハギ 生薬「遠志」


【起源植物】  イトヒメハギ  Polygala tenuifolia
【 生薬名 】  遠志、遠志通(肉遠志)  
【 科 名 】 ヒメハギ科  POLYGALACEAE
【 別 名 】
【薬用部位】 根、根の芯を去ったものを遠志通(肉遠志)という
【 主成分 】 トリテルペン系サポニン、キサントン系、糖類、フェノール配糖体
【 薬 性 】 気味は苦辛温、帰経は肺心腎に属す
【 効 能 】 動物実験で去痰作用の他、利尿作用、ストレス性胃潰瘍形成を抑制する事が分かっている
鎮静、去痰、抗炎症、強壮薬として精神安定、神経衰弱、病後の不眠、動悸、気管支炎、気管支喘息に応用
1日5gを煎服する、量が多くなると悪心や嘔吐を引き起こすことがある
漢方では心を静め健忘を治すとして使われる
不眠には遠志に酸棗仁と黄連を加えた方が単独で使うよりも効く
 
処方例 加味帰脾湯、帰脾湯、人参養栄湯
【 備 考 】