ガジュツ花 ガジュツ根茎断面


【起源植物 】  ガジュツ
【 生薬名 】  莪朮
【 科 名 】 ショウガ科
【 別 名 】 紫ウコン
【薬用部位】 根茎
【 主成分 】 精油(シネオール、カンファー、アズレン)、サポニン、フラボン配糖体
【 薬 性 】 気味は苦辛温、帰経は肝脾に属す
【 効 能 】 ●漢方的効能は活血、理気、消癰、止痛
●駆風、鎮痛、去痰、排膿作用も認められている
●芳香性健胃薬、利胆剤
●1日2〜3gを煎服
●肝臓癌や胃癌、子宮頸癌などに対し、抗癌作用や血塊を消退する作用(破於作用)が認められ、中国では臨床に応用している
→漢方処方に莪朮単独か三稜などと配合して用いる
●虚弱者には人参・白朮等の補気剤を併用する配慮が必要
●気滞血於による月経痛や無月経などで、下腹部に腫瘤を認めるときに使う
●妊婦、月経過多には禁忌。
●利胆作用がありコレステロール値を下げ血液を浄化する(駆於血作用)
●気滞血於による肝硬変などにも使う
●ピロリ菌に対して殺菌作用がある。ピロリ菌は胃癌を誘発するとも考えられており、胃癌の予防になるといえるでしょう
●胃・十二指腸潰瘍、肝臓障害、肝炎、肝硬変などの上部消化器系疾患に歴然とした効果がある
●歯周囲病には粉末で1回1g、1日3回良くマッサージする
【 備 考 】