アスナロ


【起源植物 】  アスナロ
【 生薬名 】  羅漢柏
【 科名 】 ヒノキ科
【 別名 】 ヒバ
【薬用部位】
【 主成分 】 デスオキシポドフィロトキシン(肝臓保護成分)
【 薬 性 】 不明、(私考、気味は苦寒、帰経は肝に属すと考えられる)
【 効 能 】 ●肝炎に1日15〜25gを煎服する
●黄疸、解熱、高血圧、腎臓病に。またリウマチにも効くともいわれる。
●岡山県では肝臓病によく使われており実績もある
●ただいま、人から飲んだらよいと聞いたらしく、肝炎にクロモジ、アスナロ、サンシシを合わせて飲んでいる方がおられます。ただいま効果判定中