アサガオ  アサガオ  生薬「牽牛子」 


【起源植物】  アサガオ
【 生薬名 】  牽牛子(ケンゴシ)
【 科 名 】 ヒルガオ科
【 別 名 】
【薬用部位】 種子
【 主成分 】 樹脂配糖体(ファルビチン)、脂肪油、フラボノイド、ジテルペノイド
【 薬 性 】 気味は苦辛寒、帰経は肺腎大腸に属す、有毒
【 効 能 】 峻下剤、1日2〜5gを煎服、粉末は1日0.5〜1.5gを空腹時に服用、絶対に量を超してはならない
●種子は腸粘膜、下腹部を充血させ、蠕動運動を亢進させ瀉下作用を起こさせる強烈な下剤(峻下剤)である
●しもやけには、茎を根本から切り葉とともに日光に良く当て、乾燥させたものを濃く煎じ、暖い内に布に浸して患部に当てる
●神経痛の腰痛の民間療法
牽牛子10g、木天蓼10g、人参4gを煎じて急激に下痢させて治す疝下しという方法がある、これが結構効くのだ
●秋の七草の一つ
【 備 考 】 ●種皮の黒いものを黒牽牛(黒丑、こくちゅう)といい、種皮の黄白色っぽいものを白牽牛(白丑、はくちゅう)というが、効能での違いはない