アケビと実 木通子とその断面/生薬「木通」


【起源植物 】 アケビ
【 生薬名 】 木通、木通子
【 科名 】 アケビ科
【 別名 】  
【薬用部位】 木通 木化した蔓(ツル)
木通子 未熟果実
【 主成分 】 木通 トリテルペン、K塩
木通子 デンプン質、他は未詳
【 薬 性 】 木通 気味は苦寒、帰経は心肺小腸膀胱に属す
木通子 不明

【 効 能 】
木通 ●腎炎、膀胱炎、尿道炎の浮腫に1日10〜15gを煎服
●おできに外用する
木通子 ●未熟果実は催乳(乳の出を良くする)や通乳作用に10〜20gを煎服
 (桂枝湯や葛根湯などに加味して使うと更に効果的)
【 備 考 】 ●ミツバアケビも同様に使える