生薬「虫シャチュウ」
 
サツマゴキブリ
生体の動画ユーチューブに移動します


【基原動物】  シナゴキブリの雌 Eupolyphaga sinensis
 サツマゴキブリの雌 Opisthoplatia orientalis
【 生薬名 】  虫(シャは「庶+虫」)EUPOLYPHAGA
【 科名 】 ゴキブリ科(Blattidae)
【 別名 】 地鼈、土鼈(土鼈虫)、簸箕虫ハキチュウ、土虫、土元、地蜱虫ジヒチュウ、など色々とある
陶弘景は、形態は扁平で鼈(スッポン)のようなので土鼈と名付けるとある。
【薬用部位】 全体、
【 主成分 】 未詳
【 薬 性 】 気味は鹹寒、有毒、帰経は肝に属す
 【 薬 能 】 駆血剤薬として用いる。婦人科では、通経、駆瘀血の目的で常用するが、堕胎作用あり妊婦には禁忌。内科では、腹中の瘀血を去らしめ、外科では骨折、捻挫などの治療に応用する。虫には鎮痛効果もあり、口内炎や乳汁不通にも用いられる。
【 効 能 】 ●陳久於血剤といって普通の瘀血薬では効果のない場合に使う
●古血のうちでも特に頑固なものを散らします、金匱要略には乾血とあります。処方例には大黄䗪虫丸があります
●一般に、日本ではあまり使うことのない生薬です
●打撲損傷で内出血か骨折があるときに使用する。腫脹の消退・鎮痛を促進する。内服では、1日2-3g酒服する。
●子宮筋腫にも応用する
●ガンにも試験的に用いられている
 【 出 典 】 ●䗪蟲.一名地鼈.味鹹寒.生川澤.治心腹寒熱洗洗.血積癥瘕.破堅下血閉.生子大良.(神農本草経・中品)
産後の血積、負傷時の血を去らしめ、舌下の膿腫、鵞口瘡、小児の腹痛、夜啼を治す。(李時珍)
 【 備 考 】 虫と水蛭はともに破血する。䗪虫には行血・和血の効もあり薬性も激しくないので、虚証にも使用できるが、水蛭は破血のみで薬性も激しいので、一般には、虚弱者には用いない。
 【 注 意 】 妊婦には禁忌
 【 処方例 】 大黄䗪虫丸、鼈甲煎丸、大鼈甲丸、下瘀血湯