生薬「水蛭」



【基原動物】  ウマビル Whitmania pigra
チャイロビル W. acranulata 
チスイビル Hirudo nipponica
【 生薬名 】 水蛭 HIRUDO
【 科名 】 ヒルド科Hirudidae
【 別名 】 馬鼈マベツ、虫馬虫皇マコウ、肉鑽子ニクセンシ、沙塔干シャトウカン、馬虫其マキ、馬蛭マテツ、吸血虫など
【薬用部位】 全乾燥体
【 主成分 】 抗凝血素hirudin、heparinなどの凝血抗素、抗血栓素など
 【 薬 理 】 水蛭エキスは催リンパ作用が強大である。hirudinを注射した家兎の血液は、長時間流動性を保ち、これから分離した血漿、血球、throminなどは、これにfibrinogenを添加しても凝固しない。即ち水蛭には血液凝固抑制、溶血作用がある。
新鮮なものはhirudinを含むが乾燥品では破壊されている(漢薬の臨床応用)という文献もある
【 薬 性 】 気味は鹹苦平、有毒、帰経は肝・膀胱に属す
【 効 能 】 ●水蛭は専ら血を破り、を消す作用があり、血病を治す専門薬である。結滞閉経、血、積聚などの症に桃仁、三稜、莪朮、当帰などを配合して応用するほか、打撲による内出血、疼痛および大便不通に大黄、牽牛子とともに用いる。
●破血逐
●駆血・通経薬として、、積聚、少腹畜血、閉経、打撲傷などに用いるほか、癰腫、丹毒の治療に応用する。
●鬱血部の吸血に生きた水蛭を用いる
●破血とは畜血や血を循環血液中に吸収するか大便として排泄することをいう
●ガンに試験的に使用(max2~3g)、観察を続ける必要あり
●煎液には0.6~1.5g、散剤では0.1~0.2(max0.5~0.8)
【 備 考 】 薬力が激しいので邪実だけに適応すること
内服にはオ血症で実証でない虚弱者、妊婦、出血傾向の者、貧血のものなど禁忌である
【 出 典 】 ●水蛭.味鹹平.生池澤.治悪血血月閉.破血積聚.無子.利水道.(神農本草経・下品)
【 処方例 】 抵當湯、奪命散、地黄通経丸など