生薬「蜈蚣」「百足」



【基原動物】 タイワンオオムカデ Scolopendra morsitans 
アカズカデ Scolopendra subspinipes
【 生薬名 】 蜈蚣(ごこう)SCOLOPENDRA
【 科名 】 オオムカデ科Scolopendridae
【 別名 】 百足、川足
【薬用部位】 全体
【 主成分 】 蜂毒に似た2種の有毒成分(ヒスタミン様物質、溶血生蛋白質)、チロシン、ロイシン、脂肪油、蟻酸など
【 薬 性 】 気味は辛温、帰経は肝に属す、有毒
 【 薬 理  】 蜈蚣は結核桿菌抑制作用と、人体の新陳代謝を促進する働きがある。また、筋肉痙攣に拮抗する作用がある。蜈蚣水浸液(1:4)は、皮膚の真菌に抑制作用をもつことが報告されている。

【 効 能 】
●寒冷による腰痛には炮附子と併用煎服する
●韓国では伝承的に神経痛・腰痛に附子とムカデを煎服(冷服)する
●神経痛、腰痛、ぎっくり腰に1日2〜3匹を粉末、又は煎服
●急性症に短期間に使用するもので、慢性症に長期服用はしない
●ムカデ油を皮膚疾患に外用・塗布する

『ムカデ油』
の効能 
@毒虫さされ、即座に塗布、
A腫れ物、
B切り傷、
C中耳炎・耳だれ、外耳炎等には耳の穴に2、3滴たらす、
 15分程で痛みが去り、自然排膿し治癒を早める、
D痔や痔瘻に塗ると瘻管の排膿を高め治癒を早める、
Eひょうそ(指先などに出来る化膿症)
『ムカデ油』 生きた大きいムカデ10匹、胡麻油100ml、3〜6ケ月つけ込む
        乾燥ムカデなら20匹、2年間以上つけ込む
 【 備 考 】 日本産はアオズムカデS.subspinipes japonica
 【 出 典 】 呉公.味辛温.生川谷.治鬼注蠱毒.W諸蛇蟲魚毒.殺鬼物老精.温瘧.去三蟲.(神農本草経・下品)
 【 処方例 】 蜈蚣星風散、逐風湯、万金散、蜈蚣散、