吉益東洞「方極」

 

方極

東洞先生口授

長門 品丘明 筆受
周防 田宮龍 校正
 
一、桂枝湯
 上衝し、頭痛し、発熱し、汗出でて悪風する者を治す。

二、桂枝加桂湯
 本方証にして上衝劇しき者を治す。

三、桂枝加芍薬湯
 桂技湯証にして腹拘攣甚だしき者を治す。

四、桂枝去芍薬湯
 桂枝湯証にして拘攣せざる者を治す。

五、桂枝加葛根湯
 本方証にして項背強急する者を治す。

六、。瘡j枝湯
 桂技湯証にして渇する者を治す。

七、桂枝加黄耆湯
 本方証にして黄汗、若しくは自汗盗汗する者を治す。

八、桂枝加芍薬大黄湯
 桂枝加芍薬湯証にして停滞ある者を治す。

九、桂枝加厚朴杏仁湯
 桂技湯証にして胸満微喘する者を治す。

一〇、鳥頭桂枝湯
 腹中絞痛し、手足逆冷し、或は不仁、或は身疼痛する者を治す。

一一、桂枝加附子湯
本方証にして悪寒し、或は支節微痛する者を治す。

一二、桂枝去芍薬加附子湯
桂枝去芍薬湯証にして悪寒する者を治す。

一三、桂枝附子湯
桂技去芍薬湯証にして身体疼煩し、自ら転側し能わざる者を治す。

一四、桂枝附子去桂加朮湯
前方証にして大便硬く小便自利し、上衝せざる者を治す。

一五、桂枝去桂加苓朮湯
桂技湯証にして悸し、小便不利し、上衝せざる者を治す。

一六、桂姜棗草黄細辛附湯
桂技去芍薬湯、麻黄附子細辛湯二方の証の相合する者を治す。

一七、桂枝去芍薬加c莢湯
 桂技去芍薬湯証にして濁唾涎沫を吐す者を治す。

一八、桂枝加竜骨牡蛎湯
 桂技湯証にして胸腹に動ある者を治す。

一九、桂枝去芍薬加蜀漆竜骨牡蛎湯
 桂技去芍薬湯にして胸腹の動劇しき者を治す。

二〇、桂枝加芍薬生姜人参湯
 桂技湯証にして心下痞硬し、或は拘攣及び嘔する者を治す。

二一、桂枝二麻黄一湯
 桂技湯証多く、麻黄湯証少なき者を治す。

二二、桂枝二越婢一湯
 桂技湯証多く、越婢湯証少なき者を治す。

二三、桂枝麻黄各半湯
 桂技湯、麻黄湯二方の証相半する者を治す。

二四、小建中湯
 裏急し、腹皮拘急及び急痛する者を治す。

二五、黄耆建中湯
 小建中湯証にして盗汗或は自汗ある者を治す。

二六、黄耆桂枝五物湯
 桂技湯証にして嘔し、身体麻痺し、急迫せざる者を治す。

二七、黄耆桂枝苦酒湯
 身体腫れ、発熱し、汗出でて汗衣を沾じ、色正黄なること薬汁の如き者を治す。

二八、桂枝甘草湯
 上衝急迫する者を治す。

二九、半夏散及湯
 咽喉痛み上衝急迫する者を治す。

三〇、桂枝甘草附子湯
 桂枝甘草湯証にして骨節疼煩し小便不利する者を治す。

三一、桂枝甘草竜骨牡蛎湯
 胸腹に動ありて急迫する者を治す。

三二、桂枝人参湯
 人参湯証にして上衝急迫劇しき者を治す。

三三、人参湯
 心下痞硬し小便不利し、或は急痛し、或は胸中痞する者を治す。

三四、茯苓甘草湯
 心下悸し、上衝して嘔する者を治す。

三五、茯苓杏仁甘草湯
 悸して胸中痺する者を治す。

三六、茯苓戒塩湯
 心下悸し小便不利する者を治す

三七、葵子茯苓散
 小便不利し心下悸し腫満する者を治す。

三八、苓姜朮甘湯
 心下悸し小便自利し、腰中冷えて水中に坐するが如く、若くは疼み重く、形水状の如き者を治す。

三九、苓桂朮甘湯
 心下悸し上衝し、超てば則ち頭眩し、小便不利する者
 を治す。

四〇、苓桂甘棗湯
 臍下悸して攣急し上衝する者を治す。

四一、苓桂五味甘草湯
 心下悸し、上衝し、咳して急迫する者を治す。

四二、苓甘五味姜辛湯
 前方証にして上衝せず、痰飲満る者を治す。

四三、苓甘姜味辛夏湯
 前方証にして嘔する者を治す。

四四、苓甘姜味辛夏仁湯
 前方証にして微しく浮腫する者を治す。

四五、苓甘姜味辛夏仁黄湯
 前方証にして腹中微しく結する者を治す。

四六、茯苓沢瀉湯
 心下悸し小便不利し、上衝及び嘔吐し、渇して水を飲
 まんと欲する者を治す。

四七、沢瀉湯
 冒眩に苦しみ小便不利する者を治す。

四八、五苓散
 消渇、小便不利し、若しくは渇して水を飲まんと欲し、水入れば則ち吐す者を治す。

四九、茵繻ワ苓散
 発黄に兼ねて前方の証の者を治す。

五〇、猪苓湯
 小便不利し、若しくは淋瀝し、若しくは渇して水を飲まんと欲する者を治す。

五一、猪苓散
 渇して心下悸し小便不利する者を治す。

五二、牡蛎沢潟湯
 身体水腫し、腹中に動あり、渇して小便不利する者を治す。

五三、八味丸
 済下不仁して小便不利する者を治す。

五四、。矣リ麦丸
 心下悸し小便不利し、悪寒して渇する者を治す。

五五、麻黄湯
 喘して無汗、頭痛、発熱、悪寒し、身体疼む者を治す。

五六、麻黄加朮湯
 本方証にして小便不利する者を治す。

五七、麻黄甘草湯
 喘して急迫、或は自汗、或は不汗の者を治す。

五八、麻黄附子甘草湯
 前方証にして悪寒し、或は身微しく痛む者を治す。

五九、麻黄附子細辛湯
 麻黄附子甘草湯証にして急迫せず痰飲の変ある者を治す。

六〇、麻黄杏仁甘草石膏湯
 麻黄甘草湯証にして咳し煩渇する者を治す。

六一、麻黄杏仁鱠所テ草湯
 前方証にして煩渇せず、水気ある者を治す。

六二、牡蛎湯
 麻黄甘草湯証にして胸中に動ある者を治す。

六三、麻黄醇酒湯
 喘して発黄し、或は身疼する者を治す。

六四、半夏麻黄丸
 喘して嘔する者を治す。

六五、小青竜湯
 咳喘し、上衝、頭痛、発熱、悪風し、或は乾嘔する者を治す。

六六、大青竜湯
 喘及び咳嗽し渇して水を飲まんと欲し、上衝し、或は身疼み悪風寒する者を治す。

六七、文蛤湯
 煩渇して喘咳急なる者を治す。

六八、越婢湯
 大青竜湯証にして咳嗽上衝せざる者を治す。

六九、越婢加朮湯
 本方証にして小便不利する者を治す。

七〇、越婢加半夏湯
 本方証にして嘔逆する者を治す。

七一、葛根湯
 項背強急し、発熱悪風、或は喘し、或は身疼む者を治す。

七二、葛根加半夏湯
 本方証にして嘔する者を治す。

七三、葛根黄連黄ソ湯
 項背強急し、心悸して下利する者を治す。

七四、小柴胡湯
 胸脇苦満し、或は寒熱往来し、或は嘔する者を治す。

七五、柴胡加芒硝湯
 小柴胡湯証にして苦満解し難き者を治す。

七六、柴胡去半夏加。癈
 小柴胡湯証にして渇して嘔せざる者を治す。

七七、柴胡桂枝湯
 小柴胡湯、桂技湯、二方の証相合する者を治す。

七八、柴胡桂枝乾姜湯
 小柴胡湯証にして嘔せず痞せず、上衝して渇し、腹中動ある者を治す。

七九、大柴胡湯
 小柴胡湯証にして心下痞硬せず、腹満拘攣或は嘔する者を治す。

八○、白虎湯
 大渇引飲し煩躁する者を治す。

八一、自虎加人参湯
 本方証にして心下痞硬する者を治す。

八二、白虎加桂枝湯
 白虎湯証にして上衝する者を治す。

八三、小承気湯
 腹満して大便硬き者を治す。

八四、厚朴七物湯
 腹満し発熱上逆し嘔する者を治す。

八五、大承気湯
 腹堅満し、若しくは下利臭穢し、若しくは燥屎ある者を治す。凡そ燥屎ある者は臍下必ず磊石可なり。肌膚枯燥す。

八六、大黄黄連瀉心湯
 心煩し、心下痞して之を按じて濡なる者を治す。

八七、瀉心湯
 心気定まらず、心下痞し之を按じて濡なる者を治す。

八八、附子瀉心湯
 瀉心湯証にして悪寒する者を治す。

八九、大黄附子湯
 腹絞痛し、悪寒する者を治す。

九〇、大黄甘遂湯
 小腹満つること敦状の如く、小便微しく難、或は経水調はざる者を治す。

九一、抵当湯
 H血の者を治す。凡そH血ある者に二あり。少腹硬満し小便快利する者一なり。腹満せず、其の人我満すと言う者二なり。急ぐときは湯を以てし、緩かなるときは丸を以てす。

九二、抵当丸


九三、橘皮大黄朴消湯
 心胸間に宿滞ありて結する者を治す。

九四、大黄消石湯
 発黄し腹中に結塊ある者を治す。

九五、大黄牡丹皮湯
 臍下に堅塊あり之を按じて即ち痛み及び便に膿血ある者を治す。

九六、犬黄甘草湯
 秘閉して急迫する者を治す。

九七、調胃承気湯
 大黄甘草湯証にして実する者を治す。

九八、桃核承気湯
 血証、少腹急結、上衝する者を治す。

九九、下H血湯
 臍下毒痛し、及び経水不利する者を治す。

一〇〇、土瓜根散
少腹拘急し、経水不利し、或は白物を下す者を治す。

一〇一、甘草湯
病逼迫し及び咽急痛する者を治す。

一○二、桔梗湯
甘草湯証にして膿あり、或は粘痰ある者を治す。

一〇三、排膿湯
膿血及び粘痰、急迫する者を治す。

一〇四、芍薬甘草湯
拘攣急迫する者を治す。

一〇五、甘遂半夏湯
芍薬甘草湯証にして心下硬満する者を治す。

一〇六、芍薬甘草附子湯
芍薬甘草湯証にして悪寒する者を治す。

一〇七、甘麦大草湯
急迫して狂驚する者を治す。

一〇八、甘草粉蜜湯
涎を吐し、虫を吐し、心痛の発作時ある者を治す。

一〇九、生姜甘草湯
咳唾涎沫止まず、心下痞硬し急迫する者を治す。

一一〇、乾姜甘草湯
厥して煩躁し、涎唾多き者を治す。

一一一、四逆湯
四肢逆厥し、身体疼痛し、下利清穀或は小便清利の者を治す。

一一二、四逆加人参湯
四逆湯証にして心下痞硬する者を治す。

一一三、茯苓四逆湯
前方証にして悸する者を治す。

一一四、附子粳米湯
腹中雷鳴し、切痛し或は嘔吐する者を治す。

一一五、鱠助克q散
胸中痺し悪寒する者を治す。

一一六、鱠助克q敗醤散
身甲錯し、腹皮急し之を按じて濡なること腫状の如く、腹に積聚なき者を治す。

一一七、大烏頭煎
毒臍を繞りて絞痛し、或は自汗出で、手足厥冷する者を治す。

一一八、烏頭湯
骨節疼痛して屈伸すべからず、若しくは自汗或は盗汗、若しくは腹絞痛する者を治す。

一一九、赤丸
心下悸し、痰飲あり、悪寒或は微厥する者を治す。

一二〇、真武湯
心中躁ぎ、身s動、振々として地に倒れんと欲し、小便不利し、或は嘔、若しくは下利、若しくは拘痛する者を治す。

一二一、附子湯
身体攣痛し、小便不利し、心下痞硬し、若くは腹痛する者を治す。

一二二、天雄散
小便不利し、上逆し、臍下に動あり、悪寒する者を治す。

一二三、梔子e湯
心中懊bキる者を治す。

一二四、梔子甘草e湯
本方証にして急迫する者を治す。

一二五、梔子生姜e湯
梔子e証にして嘔する者を治す。

一二六、枳実梔子湯
梔子e湯証にして胸満する者を治す。

一二七、梔子大黄湯
前方証にして閉する者を治す。

一二八、茵聿苴
一身発黄し大便難の者を治す。

一二九、梔子蘗皮湯
身黄し、発熱し、心煩する者を治す。

一三〇、梔子厚朴湯
胸腹煩満する者を治す。

一三一、梔子乾姜湯
心中微煩する者を治す。

一三二、大陥胸湯
結胸若しくは心下より少腹に至りて硬満する者を治す。

一三三、大陥胸丸
結胸若しくは項背強の者を治す。

一三四、小陥胸湯
小結胸する者を治す。

一三五、括砒E白白酒湯
胸背痛み、喘息し、咳唾する者を治す。

一三六、括砒E白半夏湯
前方証にして嘔する者を治す。

一三七、瓜帯散
温温として吐を欲する者を治す。

一三八、文蛤散
渇する者を治す。

一三九、大半夏湯
嘔吐して心下痞硬する者を治す。

一四〇、小半夏湯
吐して渇せざる者を治す。

一四一、生姜半夏湯
喘に似て喘せず、嘔に似て嘔せず、Xに収てXせず、心中として奈何ともする無き者を治す。

一四二、小半夏加茯苓湯
 小半夏湯証にして眩悸する者を治す。

一四三、半夏苦酒湯
 咽中に瘡を生じ、音唖する者を治す。

一四四、半夏厚朴湯
咽中に炙臠あるが如く、或は嘔し、或は心下悸す者を治す。

一四五、半夏乾姜散
吃嘔し、涎沫を吐逆する者を治す。

一四六、乾姜人参半夏丸
嘔吐して止まず心下痞硬する者を治す。

一四七、半夏瀉心湯
心下痞硬し腹中雷鳴の者を治す。

一四八、甘草瀉心湯
前方証にして心煩し安きを得ざる者を治す。

一四九、生姜瀉心湯
半麦瀉心湯証にして嘔する者を治す。

一五〇、呉茱萸湯
胸満し、心下痞硬し、嘔する者を治す。

一五一、厚朴生姜半夏甘草人参湯
胸腹満して嘔する者を治す。

一五二、黄連湯
心煩し、心下痞し、嘔吐せんと欲し、上衝する者を治す。

一五三、乾姜黄連黄ソ人参湯
心煩し、心下痞硬し、吐下する者を治す。

一五四、大建中湯
腹大痛し、嘔して食する能わず、腹皮起ること、頭足あるが如き者を治す。

一五五、黄連阿膠湯
心中悸して煩し、眠るを得ざる者を治す。

一五六、黄ソ湯
下利し腹拘急する者を治す。

一五七、黄ソ加半夏生姜湯
本方征にして嘔逆する者を治す。

一五八、六物黄ソ湯
心下痞硬し、乾嘔し、下利し、上衝する者を治す。

一五九、三物黄ソ湯
心胸苦煩の者を治す。

一六〇、白頭翁湯
熱利下重して心悸する者を治す。

一六一、白頭翁加甘草阿膠湯
前方証にして血証あり、急迫する者を治す。

一六二、木防已湯
心下痞硬し煩渇の者を治す。

一六三、木防已去石膏加茯苓芒硝湯
心下痞堅して悸する者を治す。

一六四、防已茯苓湯
四肢聶々として動き、水気皮膚に在りて上衝する者を治す。

一六五、防已黄耆湯
水病、身重く、汗出でて悪風し、小便不利の者を治す。

一六六、枳実芍薬散
腹満拘攣し或は痛む者を治す。

一六七、枳朮湯
心下堅満し、小便不利の者を治す。

一六八、排膿散
瘡家、胸腹拘満し、若くは粘痰を吐し、或は便膿血の者を治す。

一六九、桂枝生姜枳実湯
胸満し上逆し或は嘔する者を治す。

一七〇、枳実薤白桂枝湯
胸中痺満して痛む者を治す。

一七一、橘皮枳実生姜湯
胸中痺満して嘔する者を治す。

一七二、茯苓飲
心下痞硬して悸し、小便不利し、胸満して自ら宿水を吐す者を治す。

一七三、橘皮竹茹湯
胸中痺し吃逆する者を治す。

一七四、橘皮湯
胸中痺し嘔Xする者を治す。

一七五、桂枝茯苓丸
拘攣し、上衝し、心下悸し、経水に変あり或は胎動く者を治す。

一七六、ス帰膠艾湯
漏下して腹中痛む者を治す。

一七七、旋覆花代赭石湯
心下痞硬し噫気除かざる者を治す。

一七八、赤石脂禹餘糧湯
毒臍下にありて利する者を治す。

一七九、桃花湯
膿血を便する者を治す。

一八○、蜜導煎
肛中乾燥し大便渋る者を治す。

一八一、酸棗仁湯
煩躁して眠るを得ざる者を治す。

一八二、ラ大棗瀉肺湯
浮腫、咳逆、喘鳴迫塞、胸満、強急の者を治す。

一八三、麻子仁丸
平日大使秘す者を治す。

一八四、已椒黄丸
腹満ち、口舌乾燥し、二便渋滞する者を治す。

一八五、蜀漆散
寒熱の発作時あり、臍下に動ある者を治す。

一八六、十棗湯
病胸腹にありて掣痛する者を治す。

一八七、桔梗白散
毒胸咽にあり、或は膿汁の如きを吐下する者を治す。

一八八、走馬湯
胸腹に毒あり、若くは心痛し、若くは腹痛する者を治す。

一八九、備急円
心腹卒痛する者を治す。

一九〇、礬石湯
脚気、痿弱不仁し、及び上入して心を搶く者を治す。

一九一、消礬散
一身悉く黄し、腹脹ること水状の如く、大使黒く、
時に溏する者を治す。

一九二、礬石丸
経水利せず白物を下す者を治す。

一九三、蛇床子散
白物を下して陰中痒く、或は小瘡ある者を治す。

ホームページへ