尾台榕堂自家製剤

和訓
類聚方広義
重校薬徴
吉益東洞原著
尾台榕堂校註
西山秀雄訓訳
創元社刊 第4刷 を底本としました



大簇丸(だいそうがん) 乃ち人参大黄丸なり
●腹満、心下痞硬、飲食停滞、大便難を治す
大黄40銭、黄ソ20銭、人参20銭
右三味擣(=搗)篩して末となし、糊丸梧桐子大の如くし、毎服30丸、白湯にて之を下す


夾鐘丸(夾鐘円)  乃ち硝石大円なり、今当帰を去る
●腹中に結毒あり。或は心下痞硬する者を治す。
大黄24銭、硝石18銭、人参6銭、甘草6銭
右四味各々別に杵きて散となし、苦酒3合を以て先に大黄を入れ、煮て2合に作り諸薬を入れて飴状の如くし、火より下ろし冷ます。硝石を入れ、之を杵きて膏丸となし、梧桐子大の如くし、毎服30丸、之を飲用す。
木屯按ずるに、古今の方家硝石を用いると称し煙硝の硝石を以てす。非なり、此の硝は水硝の硝なり。


姑洗円(姑洗丸)  乃ち控喘丹(控涎丹?)なり
●諸痰飲、水毒を治す。
甘遂、大戟、白芥子各等分
右三味杵て篩い末となし、蜜丸梧桐子大の如くし、毎50丸、生姜湯を以て之を服す


仲呂丸(ちゅうろがん)  乃ち如神丸なり
●水毒、大小便不通の者を治す
大黄6両、甘遂、牽牛子各3両
右三味杵て篩い末となし、糊丸緑豆の如くし、毎服20丸、白散にて之を下す。


謨o丸(ずいひんがん)  乃ち平水丸なり
●脚気腫満、大便せざる者を治す
商陸4両、甘遂2両、芒消、芫花、呉茱萸各3両
右五味を末となし、蜜丸梧桐子大の如くし、飲服すること3丸、日に3回


夷則丸   乃ち海浮石丸なり
●腹満せず、その人我満すと言う者を治す
海浮石、大黄、桃仁各等分
右三味杵て篩い、糊丸梧桐子大の如くし、毎30丸、白湯にて之を服す。知らざれば稍々之を加う


南呂丸   乃ち滾痰丸なり、今甘遂を以て沈香に代う
●諸痰飲、咳嗽、大便不通なる者を治す
黄ソ4両、甘遂、青ロ石各2銭、大黄8銭
右四味、杵きて篩い末となし、梧桐子大の如くし、毎服20丸、日に三服、或は340丸に至る。温水にて之を下す。
ロ石を製するの法、青ロ石、A硝各等分を土器中にてV過し金色となるを以て度となす。研飛して晒し乾し用ゆ。


黄鐘散   乃ちス黄散なり
●諸上衝変転して治せざる者を治す
大黄3両、川ス6両
右二味杵いて篩い末となし毎服6分、酒或は湯にて送下す。
治せざれば稍1銭を加う。下るに至を以て度となす。若し結毒、痼疾ある者は毎夕臥するに臨んで之を服す。


黄鐘丸   乃ち三黄丸なり
●大便難、煩悸して心下痞する者を治す
大黄40銭、黄ソ、黄連各20銭
右三味杵いて篩い末となし、糊丸梧桐子大の如くし、毎服230丸白湯にて送下す。下るを以て度となす。若し急に之を下すときは即ち酒にて之を服す。


紫円   本蜜を以て之を煉る。今之を糊丸とす。或は蜜丸にて之を用う。
●胸腹の結毒或は胸満大便難、水毒ある者を治す
代赭石、赤石脂、巴豆各20円、杏仁4銭
右四味、先ず二味を杵きて末となし、別に巴豆、杏仁を研り中に入れて合治し、糊丸緑豆大の如くし、病症の深浅を量って之を服す。12分より1銭に至るを度となす。若し差えざる者あれば毎日之を服す。或は5丸或は10丸、若し赤石脂なきときは即ち塩蔵鉄粉を以て之に代う。
〇塩蔵鉄粉を製するの法
上鉄屑2銭、食塩2分、之を攪し、密器に之を蓄え、封蔵すること十日、諸を床下地上に置き、取り出して之を研り、水飛して晒し乾し以て赤石脂に代う。


再造散、三因方、通天再造散による
欝金2.5 皀角刺、白牽牛子、伯州散(元は反鼻を用う)各6.0 大黄5.0
右散と為し、1回2.0〜4.0 1日1−3回


再造散
欝金5銭、皀角刺1銭、大黄10銭、牽牛子6銭、反鼻6銭
●治
、大風、闢ナを治す。新湖痼を択ばず此を服して可なり。


参連湯
人参、黄連各2.0〜4.0
右水一合を以て5勺に煎じ、滓を去り、頓服す


F鼠丸。F鼠散
F鼠霜
右一味、温湯にて送下す
黴毒にして、諸薬効なく、骨節疼痛する者を治す


龍葵丸(龍葵散)
軽粉、巴豆(各3両)龍蔡(10両を霜と為す)
修治は梅肉散の如くす
一身発瘡し(痒痛し)或は疼痛する者を治す


硝石大円(一名夾鐘円)
大黄(20銭)、消石(15銭)、甘草、人参(各5銭)
右4味、各別に末と為し、苦酒6合を以て、先ず大黄を煮て、2合を減じ、甘草、人参を内れ、更に煮て飴状の如くし、火を下し、乃ち硝石を内れ、之を撹して丹と為し、兎糞大の如きを飲服す。(苦酒6合を3合に作るあり。)
腹中結毒、心下痞硬する者を治す。


七宝丸
黄連(4両)
研して細末と為し、猪胆1個を洗って、其の中に薬末を入れ、綿を以って之を縫い、童便5升を以って文火に上し、之を煮たる後、乾かし細砕し、G砂、麝香を衣として梧桐子大の丸薬とす。
骨蒸、伝層、邪気の陽病に属するものを治す。


H砂散(医宗金鑑方)
H砂(1銭)、軽粉、雄黄(各3分)、冰片(5厘)
研して細末と為し、清水を以て服用。
耳痔、耳甍、耳梃を治す


梅肉散
梅肉、塩蔵する者を霜となす。梔子霜(各7分5厘)巴豆、軽粉(各2銭5厘)
右4味、別に巴豆を研り泥を作り、3味に入れ散となし、毎服2分或3分、病重き者は1銭を服す。熱湯にて之を送下す。諸悪瘡、結毒、及び下疳毒を治す。


梅肉丸
梅肉、梔子(各1銭半)焼いて性を存す。巴豆、軽粉各7分。
右4味細末とし、共に和し、搗くくこと千回。
治。悪瘡毒、疳瘡、無名の頑瘡、黴毒、便毒、疥癬、沈痼内攻の症。


伯州散。乃ち『大同類聚方』の伯耆薬なり。
蝮蛇、蟹、鹿角(各等分)
右3味、各焼いて霜と為し、合法し、酒にて毎服9分。
毒腫、膿ある者を治す。


処方、主治の詳かならざるもの

七宝承気丸。
十乾承気丸。
十乾丸。
陥胸丸。
消塊丸。
十棗丸。
鉄砂煉。

上記の各処方の解説は大体に於て、東洞先生家塾方(村井I校定)に拠る。尚本書に記載なきも、左記家塾方を参考の為、記録す。


林鐘丸。乃ち甘連大黄丸なり。
心煩し大便せざる者を治す。
大黄(6両)甘草、黄連(各2両)
右3味、杵きて篩い、末と為し、糊丸、梧桐子大の如くし、毎服30丸、白湯にて之を送下す。


無射丸。乃ち牡蛎角石散なり。
諸瘡瘍膿出でて止まざる者を治す。
牡蛎、鹿角霜(角1銭)、軽粉(五分)
右3味の内にみ2味を杵き篩い、末と為し、軽粉を以って鶏子白に合治し、煉りて膏となし、瘡上に貼る。


大呂丸。乃ち備急円なり。今糊を以って丸ず。
大黄、乾姜、巴豆(各等分)
右3味、先ず2味を杵いて末と為し、別に巴豆を研り合治して、糊丸緑豆大の如くし、毎服1、2丸、下るを以って度と為す。知らざれば稍加う。


七宝丸
黴瘡結毒及び痼疾、骨節疼痛、諸の治すこと能わざるを治す。
牛膝、軽粉(各2銭)、土茯苓(1銭)、大黄(8分)、丁字(5分)
右5味、合して杵き、篩いて末と為し、糊丸緑豆大の如くし、1日8分、分ちて2服となし、毎4分を朝夕白湯にて之を服す。凡そ6日又7日、結朝後方を服す。


七宝丹
牛膝、軽粉(各2銭5分)、鷄舌香(5銭)、遺糧(1銭半)、大黄(8銭)
右5味、糊丸と為す


後七宝丸
巴豆、丁字(各2銭5分)、大黄(4分)
右3味、先ず丁字、大黄を末と為し、別に巴豆を研り、中に入れ合治して糊丸、緑豆の如くし、凡そ前方を服すること6日乃至7日にして結朝此方を服す。1服1銭温湯を以って之を服す。日に1回。


滑石礬石散。淋痛、小便不利する者を治す。
滑石、礬石(各6両)、甘草(3両)
右3味、杵て篩い末と為し、毎服1銭温湯にて之を下す。


鉄砂散。黄胖病を治す。
鉄砂、蕎麦粉(各12銭)、大黄(6両)
右3味、2味を杵て篩い、末と為し、蕎麦粉を和し水を以って之を煉り、丸じて緑豆大の如くし、毎服1銭、清酒を以って之を下す。日に3。


桃花湯。浮腫、大小便不通の者を治す。
桃花(2銭)、大黄(1銭)
右2味、水2合を以って先に桃花を入れ、煮て1合2勺を取り、大黄を入れ煮て6勺を取り、頓服す。


小瘡摺方。諸疥癬及びJ瘡を治す。
巴豆、卑麻子(各1銭)、大黄(5分)
右3味、先に2味を研り泥となし、大黄末を入れ綿布にて包み、暖酒中に浸し、之を摂ること1日5度より7日に至って止む。8日詰朝温湯に浴すること1日7回にして愈ゆ。若し愈えざれば前方の如くす。


鱠署m円。小兒の頭瘡及び胎毒、諸毒を治す。大人も亦治を得。
鱠署m(10銭)大黄(5銭)土茯苓(20銭)
右3味、杵て篩い末と為し、蜜丸弾丸大。毎1丸、日に3回。






掌善医院方函雑方
(奥田家の常用した薬方の一部)



漢方古方要方解説
奥田謙蔵著
医道の日本社刊、第5刷を参考



香散(家方)
香 益知 縮砂各3.
右3味を1包と為し、水1合を以て、煮て6勺を取り、滓を去りて頓服す。
頭痛、眩暈を発する諸病にして、熱性症候無く、或は下肢寒冷にして頭面熱し、或は宿酔いにして嘔気、嘔吐を発し、頭重し、身体倦怠を覚ゆる等の者を治す。


白桃花湯(家方)
白桃花(新鮮なるものを蔭乾しと為し用ふ)6.黒丑(即ち黒色の牽牛子)2.大黄2.甘草0.8
右4味を1包と為し、水1合2勺を以て、煮て6勺を取り、滓を去りて頓服す。
脚気水腫、及び爾余の水腫を発する諸疾患を治す。


消滞丸(家方)
大黄10.枳実、神タ各5.茯苓、朮、黄ソ、黄連各3.沢瀉2.
右8味、各別に細末にし、糊にて丸と為す
1回2.0乃至4.0。瀉下するを以て度と為す。


烏頭丸(家方)
烏頭4.甘草8.
右2味、各別にし蜂蜜を以て、麻子大の丸と為す。
1回2、3丸。証に由り稍や増す。
悪寒し、四肢冷え、或は筋攣骨痛し、或は腹中絞痛し、或は下痢し、脈沈細にして熱候なき諸症を治す。凡そ諸種の疾病にして、所謂附子の証を現す者には、皆此の方を其の主方の兼用と為すことを得。


回生散(家方)
熊胆2.麝香1.葛粉(今、澱粉を用ふ)20.
右3味、各別に研磨し、混和して散と為し、白湯或は冷水を以て、1回0.2乃至0.5を服用す。


朱蓬蜜(家方)
朱砂(即ち辰砂)1.2 蓬砂(即ち硼砂)2.0 竜脳1.0
右3味、各別に細末にし、合して散と為し、蜂蜜適宜を混和して、之を患処に塗布す。
口内腫痛し、或は舌、歯齦等に瘡を生じ、流涎、疼痛甚だしき諸証を治す。