参考 木-1
ねい  
さく 1.のみ。木に穴をあける道具。2.{動}うがつ。物にあなをあける。のみでほる。3.ほったあな。材木と材木とをつなぎあわせるとき、ほぞを入れるためにほった穴。ほぞあな。4.底まで明らかなさま。内実をうがって、確実なさま。5.うがつ。物事の奥をかんぐる。奥底までつきとめたさま。うがった。6.米を臼ウスでついて精白する。【会意兼形声】。上部の字 (音サク) は「ざくざくとして不斉一なさまをあらわすしるし+つきこむしるし+臼 (うす) +殳 (動詞の記号) 」の会意文字で、きねを臼ウスにさしこんで、ざくざくと米をつくことをあらわす。鑿はそれを音符とし、金を加えた字で、金属ののみをさしこんで、ざくざくと穴をほること。  《単語家族》削サクと同系。
ほう 宝、寳  
女偏 ゆう   游(シが女偏)
    1.豚や犬のあぶらのにおい。また、そのあぶら。  文脈からして燥が正しいと思う。
帰、歸  
かん   1.鳥を捕る網。2.旗。3.少ない、滅多にない。4.まれに、たまに
なん  
めん  
こく   1.こしき‥車輪の軸を受けるところ、
かん