本草備要 4-2 禽獸部
うん 1.かもす、酒を発酵させて作る。2.調和する。3.おだやか、やさしい。
ちょう すなわち
かつ キジに似た野鳥
しょ 旦は目。みさご、鳥の名。=雎
えん
よう 靨(えくぼ)は、黶(えん‥あざ、ほくろ。黒い)のほうが正しいよう
さん ひたす、水につける
ただしい、よい
こく ひどい、残酷
わい 1.灰の中に埋めた火。2.物を熱い灰に埋めて焼く
勞瘵 ろうさい 伝染性の慢性の消耗疾患、肺結核に類する。労極、伝尸労、尸、殗殊(朱が枼)、転注、鬼注などの名がある
亀の旧字体
せき ふな、鯽魚
こう
ごう 1.長く伸びた毛。2.分量の単位。一毫は一厘リンの十分の一。3.筆のこと。
ぜん 1.形のととのった鳥。2.やわらかい鳥の肉。3.すぐれる (スグル) 。すぐれている。
ほう 豊の正字体
てい いのこ(ゐのこ)、ぶた
か、や。文の終わりについて、感嘆・疑問・推量などの語気を現す助詞
えん ひさし、
えん ほのお
じゅう たたみ
けい 掲の旧字体
しょう うそぶく。口をすぼめて長く声をひく。また、口をすぼめて口笛を吹く。しっと、息を出す。
こう むせる (ムス) 。のどがつかえる。
てい ①なく、いたみなく。②呼ぶ
りょ ①せぼね。②力。筋肉の力。
れん 瘡‥①スネの骨(脛骨)にできた潰瘍、②とびひ
てき えぐる
ざん さす
谿 けい たに。渓、溪
はりねずみ
鴿 こう いえばと、どばと。鵓鴿ぼつこう